江田島市が8月採用「新規就農研修生」を募集中!

2021/03/11

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

広島県 江田島市 新規就農研修生 農業体験 移住 就農

広島県江田島市は、農業体験参加者と令和3年8月採用の新規就農研修生を募集中。江田島市内での就農希望者に、実践研修や経営計画研修などを行う。応募期間は4月30日まで(農業体験は随時募集中)。

江田島市は、広島市沖の広島湾に浮かぶ江田島・能美島といくつかの島からなる市だ。瀬戸内海の中では4番目の大きさを誇る島で、瀬戸内海でも有数の夕陽ポイント。農業はキュウリや花キの生産が盛んだ。

新規就農研修生は、先進農家研修又は研修ハウスにおける農業実践研修(栽培管理実習等)、農業基礎研修(土壌、農薬など農業の基礎知識の座学研修等)、経営管理研修(経営計画づくり等)、流通研修(卸売市場にて販売者法等について研修(花キ研修のみ))、その他(市内農業者との交流等)といった研修内容で新規就農について必要な知識を学ぶ。具体的な対象作物は野菜は主としてキュウリ、花キは主としてキク、トルコギキョウ。

研修開始は8月からで、研修期間は原則1年間で最長2年間。応募資格としては、研修修了後、1年以内に江田島市内で就農可能な者(就農予定時に50歳未満)、研修期間中及び研修修了後、江田島市に居住可能な者のほか江田島市が行っている農業体験を修了した者となっており、農業体験を修了していることが申込条件となるので注意。

農業体験についてだが、申込は随時で参加費は無料(食費、交通費、滞在費等は自己負担となる)。先輩農家のアドバイスを受けながら基本的な農作業を体験するもので、研修期間は1日~7日(最低1日以上)。

新規就農したい方、島への移住を検討しており仕事として「農業」をと考えている方は、今回の募集を考慮してみてはいかがだろうか。まずは農業体験から始めてみよう。

【令和3年8月採用・新規就農研修生申込概要】
研修開始日:8月から
応募期間:3月1日~4月30日
研修期間:原則1年間(最長2年間)
募集人数:若干名
対象作物:
野菜:主としてキュウリ
花キ:主としてキク、トルコギキョウ
応募資格:
①農業体験を修了した人
②研修修了時に50歳未満で1年以内に江田島市内で就農可能な人
③研修期間中及び研修了後、江田島市に居住可能な人
④農業経営に対し強い意欲がある人
申込手続きの流れ:
①就農相談→②農業体験(1日以上)→③研修申込(申込書提出)
問い合わせ:江田島市産業部農林水産課☎0823-43-1642
申込方法など詳細はこちら
農業体験についてはこちら

江田島市・急募!令和3年8月開始の新規就農研修生
江田島市・農業体験の参加者を募集
江田島市
【参照】移住定住ポータルサイト「hodohodo」