農業の労働安全推進 シェアグリがSOMPOと連携

2021/03/10

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

労働安全 農作業事故防止 シェアグリ 損保ジャパン SOMPOリスク 人材派遣農業人材のシェアリングを推進するシェアグリは、損害保険ジャパン(以下損保ジャパン)とSOMPOリスクマネジメント(以下SOMPOリスク)の二社と連携し、農作業事故を防止する農業における労働安全の推進に共同で取り組んでいくことに合意した。

■農作業における高い死亡率、環境の改善が急務

労働安全 農作業事故防止 シェアグリ 損保ジャパン SOMPOリスク 人材派遣

※写真はイメージです。撮影:栗田慎一

農業は、死亡事故発生率では林業、漁業に次いで高く、年間の死亡者数は約300人に上り、全産業の死亡者数の約3割を占める。事故内容は、傾斜地での転倒や高所での作業中における転落、農業機械使用時における不注意に起因するものなど、多岐に渡っている。

労働安全 農作業事故防止 シェアグリ 損保ジャパン SOMPOリスク 人材派遣農業における人材のシェアリング事業を推進するシェアグリは、ベンチャー企業などと連携し社会課題の解決につながる事業に取り組む損保ジャパンと、農業全般に関するリスクマネジメント支援コンサルティングを手がけるSOMPOリスクと協力することで、農業における死亡・傷害事故を減らすため、共同で労働安全・農作業事故防止の推進に取り組むことを目的として連携にいたった。

■労働安全・農作業事故防止の推進、コンサルティング

労働安全 農作業事故防止 シェアグリ 損保ジャパン SOMPOリスク 人材派遣シェアグリは、人材シェアリング先の農業経営体に労働安全・労務管理に関するアンケートを実施。取組みの実態を把握し、十分ではない場合には改善を促すとともに、必要に応じて損保ジャパン、SOMPOリスクと連携する。

SOMPOリスクは、人材シェアリング先の農業経営体に対し、労働安全・農作業リスク対策支援を行い、設立間もない農業経営体に対して、農作業中の安全等に配慮した就業規則や職場環境のチェック、福利厚生策の作成支援などを行う。

また、損保ジャパンは、シェアグリが実施したアンケート結果を基に、農業経営体が抱えるリスクに対応した適切な保険手配や就業規則の整備支援、確定拠出年金制度導入等の支援、福利厚生制度としての団体保険制度などを提案する。

担い手の高齢化や後継者不足による就農者数の減少など多くの問題を抱えている農業だが、農業は国家の基本であり、国家の土台となる産業。そうした農業分野を支えるための人材の定着を促進するためにも、農作業事故防止を推進することは、日本の農業界において重要な取り組みだとし、三社は連携して労働安全・農作業事故防止の推進に取り組むとしている。

シェアグリ
損害保険ジャパン
SOMPOリスクマネジメント