スマート農業サミット開催  IT活用最前線を知る

2020/12/03

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

こゆ財団 スマート農業サミット2020宮崎県新富町の地域商社、こゆ地域づくり推進機構(こゆ財団)が事務局を務めるスマート農業の地域発産官学連携ネットワーク「スマート農業推進協会」は12月11日(金)、農業課題の解決につながる技術革新やサービス開発の事例共有を図るオンライントークイベント「スマート農業サミット2020」を開催する。

なお、本イベントは「食」「農業」「地域のくらし」にかかわる社会課題を解決するイノベーションを創出する、JAグループの「AgVentureLab(アグベンチャーラボ)」が共催し、オンラインにて配信される。

こゆ財団 スマート農業サミット2020

2020年8月21日に開催した「スマート農業サミット」の様子。

今年度は、2020年8月21日に続く2回目の開催。地域商社や農業ベンチャー、大手企業といった業界のトップランナーが登壇し、販路開拓やテクノロジー、SDGsといったキーワードごとにパネルディスカッションが行われる。

今回の登壇者は、新富町に2019年11月に設立されたスマート農業の地域発産官学連携ネットワーク「スマート農業推進協会」会員企業を中心に構成され、ドローンから経営分析、人材マッチングに至るまでさまざまな分野で農業の未来を切り開こうとする企業や団体。また、注目の農業ベンチャーとして、自動収穫ロボット開発ベンチャー「AGRIST」らが登壇する。

「スマート農業サミット2020」の参加には事前登録が必要。参加費は無料。

スマート農業の多種多様なスタートアップ企業や最前線のスマート農業の実態がわかるイベントなので、興味のある方は参加してみてはいかがだろうか。

【イベント概要】
日時:12月11日(金)13:00~17:00
開催会場:AgVenture Lab(ライブ配信)
主な登壇者:
荻野 浩輝(AgVenture Lab 代表理事 理事長)
長澤 秀行(とかち財団 理事長)
齋藤 潤一(こゆ地域づくり推進機構 代表理事)
安藤 光広(安藤商事(セキド宮崎中央) 代表取締役)
上原 郁磨(SBテクノロジー 法人公共事業統括 公共本部 副本部長/リデン株式会社 代表取締役)
関 悠一郎(ENEOSホールディングス 未来事業推進部)
高橋 慶彦(農業ロボットベンチャーAGRIST 取締役COO 兼 人事・組織開発責任者)
長岡 康生(ヴァカボ 代表取締役)
東 光弘(市民エネルギーちば 代表取締役)
福嶋 隆宏(深谷市 産業振興部 産業ブランド推進室 室長補佐)
生駒 祐一(テラスマイル 代表取締役)
参加方法:イベントページ(Peatix)から申込みフォームに必要事項を記入の上、申し込む。
参加方法など詳細はこちら

「スマート農業サミット2020」イベントページ
こゆ財団
スマート農業推進協会
AgVentureLab