「三重県新規就農者オンライン交流会」を開催

2021/03/16

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする
三重県 新規就農者 交流会 人脈つくり

※写真はイメージです。

三重県は、新規就農者や新規就農を希望される人を対象に、経営ビジョンの作成に参考となる情報を提供するとともに、ネットワークづくりの一助として、「三重県新規就農者オンライン交流会」を3月23日(火)に開催する。

同オンライン交流会では、先輩農業者による事例発表を行うほか、農業制度資金を中心に支援制度の紹介する。

農林水産省の平成30年新規就農者調査によると、平成30年の新規就農者は5万5,810人で前年並みに推移しているという。しかし、総務省の調査「農業労働力の確保に関する行政評価・監視 -新規就農の促進対策を中心として-」(平成31年3月公表)によると、経営開始直後の新規参入者を中心とする新規就農者に対して農業次世代人材投資資金を交付する事業を利用した者においては離農率2.5%、新規雇用就農者向けである農の雇用事業(雇用就農者育成タイプ)を利用した者においては離農率39.5%という状況であることが報告され、研修の充実や離農理由の詳細把握を通して、新規就農者の定着を図ることを農水省へ勧告している。

離農の理由としては、本人の個別の事情に次いで、低収入、収入不安定など経済的な事情が多く、収入目標が未達成の理由として、栽培管理上の課題(技術力不足や病害虫被害)、経営上の課題、労働力確保の課題があげられており、こうした課題を解決しなければ離農を防ぐことはできない。

就農後も都道府県普及指導センターなどに相談することはもちろんだが、近隣で営農している農家・法人は身近な相談先の1つで、そうしたネットワーク作りは重要となってくる。

そこで三重県では、新規就農者同士、先輩農家、これから就農を希望する人のネットワーク作りの一助となるよう同オンライン交流会を開催する。

同オンライン交流会の内容は、先輩農業者2名の事例発表・意見交換、新規就農者が活用できる支援制度の紹介となっている。

参加費は無料、申込締切は3月19日(金)。

三重県で新規就農した人、就農を考えている人は参加して、ネットワーク作りを行ってみてはいかがだろうか。

【オンライン交流会概要】
開催日時:3月23日(火)10:00~11:30
開催場所:オンライン開催(Cisco Webex Meetings使用)
サテライト会場:
農大会場:三重県農業大学校2階視聴覚教室(松阪市嬉野川北町530)
伊勢会場:三重県伊勢庁舎4階402会議室(伊勢市勢田町628番地2)
伊賀会場:三重県伊賀庁舎3階中会議室(伊賀市四十九町2802)
熊野会場:三重県熊野庁舎車庫棟2階試験棟会議室(熊野市井戸町371)
参加費:無料(要事前申込)
申込締切:3月19日(金)
内容:
①先輩農業者 事例発表・意見交換
②新規就農者が活用できる支援制度の紹介
・青年等就農資金をはじめとする公庫資金の紹介(日本政策金融公庫津支店)
・その他の支援制度の紹介(三重県農林水産部担い手支援課)
申込方法など詳細はこちら

三重県「三重県新規就農者オンライン交流会を開催します。」
三重県
【参照】総務省農業労働力の確保に関する行政評価・監視 -新規就農の促進対策を中心として-」