スマートフードチェーンシンポジウム2021を開催

2021/03/09

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

農研機構は3月18日(木)に、「スマートフードチェーンシンポジウム2021」をオンラインにて開催する。

流通 スマートフードチェーン 農研機構 シンポジウム戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「スマートバイオ産業・農業基盤技術」スマートフードチェーンコンソーシアムは、これまで食の生産・流通・消費を最適化するデータ連携プラットフォームの社会実装を目指して研究開発を行っている。

今回のシンポジウムでは、これまでの研究成果を報告するとともに、スマートフードチェーンの流通経済ビジネス面での期待や効果、今後のスマートフードチェーン、特に生鮮流通における課題について議論する。

具体的な内容は、日本総合研究所の三輪 泰史氏による基調講演「加速する農産物流通のデジタルトランスフォーメーション ~スマートフードチェーンに対する期待~」のほか、実際に生鮮流通に関わる方々からの講演やパネルディスカッションを予定している。

シンポジウムへの参加は無料だが、事前の申込が必要となる。参加申込の締切は3月15日(月)18時まで。興味のある方は参加してみては。

【シンポジウム概要】
開催日時:3月18日(木)14:00~16:30
開催場所:オンライン開催(Zoomウェビナー使用)
参加費:無料(要事前申込)
申込締切:3月15日(月)18:00まで
内容:
基調講演:「加速する農産物流通のデジタルトランスフォーメーション ~スマートフードチェーンに対する期待~」日本総合研究所 創発戦略センター エクスパート 三輪 泰史氏
講演:
「食流通におけるスマートフードチェーンの展望」東京促成青果 代表取締役 大竹 康弘氏
「地域データ連携による農産物流通DXへの取組について」アクセンチュア ビジネスコンサルティング本部コンサルティンググループ プリンシパル 工藤 祐太氏
「上流分野における情報のデータ化及び事業者間連携の取り組み」kikitori 代表取締役 上村 聖季氏
パネルディスカッション:「スマートフードチェーンが切り拓く新たな生鮮流通」
モデレーター:慶應義塾大学 環境情報学部 教授 神成 淳司氏
パネリスト:kikitori 代表取締役 上村 聖季氏、東京促成青果 代表取締役 大竹 康弘氏、アクセンチュア ビジネスコンサルティング本部コンサルティンググループ プリンシパル 工藤 祐太氏、EY 新日本有限責任監査法人 パートナー(東京都卸売市場審議会委員)黒石 匡昭氏、日本総合研究所 創発戦略センター エクスパート 三輪 泰史氏
詳細や申込方法はこちら

スマートフードチェーンシンポジウム2021
農研機構「スマートフードチェーンシンポジウム2021開催」
農研機構