「西洋なしフォーラム」をオンラインで開催

2021/05/10

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする
西洋ナシ 西洋なしフォーラム

※写真はイメージです。

西洋なしフォーラム実行委員会は、全国の関係者が情報交換を行い、西洋ナシ産業の振興や新たな食文化の創造に資することを目的に「第21回 西洋なしフォーラム」を5月17日(月)にオンラインで開催する。

西洋ナシは、なめらかな肉質と芳香があり高級な果物として人気がありるが、消費を増やし産業を活性化するためには、生産から消費まで垣根を越えた交流が必要。近年は生食だけではなく、ジュースやスイーツ等加工品開発や六次産業化等の視点から、西洋なしビジネスの拡大が期待されている。そこで同フォーラムでは、全国の西洋なし関係者が一堂に会して情報交換を行い、西洋なし産業の振興や新たな食文化の創造に資することを目的として開催される。

本年度は、「With コロナの時代をどう生きるか ―果実生産・流通販売の動き―」をテーマとして、大果大阪青果 本社果実部常務取締役 荒巻 万寿夫氏による講演「この一年の果実の流通・販売を振り返って(仮題)」を予定している。

その他、渡辺果樹園(Nature Farm)代表 渡辺 康弘氏が「西洋なし「ル レクチエ」とブドウ「シャイマスカット」の生産による経営の相乗効果」、西洋なしトピックスとして上山市農林夢づくり課課長 漆山 徹氏が「リーガル・レッド・コミスの生産の取組みについて」について紹介する

参加費は無料で、定員は先着100名。西洋ナシの生産者、流通・販売業者はもちろん、その他の果樹生産者にも参考になるのでは。

【フォーラム概要】
開催日時:5月17日(月)15:00~16:30
開催場所:オンライン開催(Zoom使用)
参加費:無料
定員:100名(要事前申込・先着順)
申込締切:5月14日(金)
内容:講演と意見交換
「この一年の果実の流通・販売を振り返って(仮題)」 大果大阪青果株式会社 本社果実部常務取締役 荒巻 万寿夫氏
「西洋なし「ル レクチエ」とブドウ「シャイマスカット」の生産による経営の相乗効果」 渡辺果樹園(Nature Farm)代表 渡辺 康弘氏
「リーガル・レッド・コミスの生産の取組みについて」 上山市農林夢づくり課課長 漆山 徹氏
申込方法など詳細はこちら

西洋なしフォーラム