農作物ネット販売のフル代行事業を開始 リタテラス

2022/05/09

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

リタテラスは、同社が展開する農業特化のWeb制作・マーケティング支援事業「ファームコネクト」について、新サービス「ネット販売代行プラン」を開始したと発表した。
農業特化のWeb制作・マーケティング支援事業 ファームコネクト ネット販売代行プラン 農産物販売 販路拡大新型コロナウイルス感染症による飲食店向け出荷量減少、ウクライナ情勢の影響による資材高騰等によって収益減少に陥っている生産者へ「ネット販売」という新たな販路を提供する。

ファームコネクトとは、2020年9月に創業した農業特化のWeb制作・マーケティング支援事業で、ホームページ制作やWEB集客支援、各種デザイン等のサービスにより、収益増加・農園のブランド確立を伴走支援する。Webサービスのほか、農作物を使用した加工品の開発支援サービスも展開している。担当メンバーは全員が20代で親しみやすさとフットワークが軽く、きめ細かいサポートができる点が支持されている。

ファームコネクトの事例としては、千葉県のK農園では新型コロナウイルスの影響で売上が60%減ったためファームコネクトを利用して新たに通信販売を始めたところ、初年度から通販単体での売上が500万円を超えた。また、SNSの発信を通して農園の認知が上がり、無人直売所の売上も増加。農園全体の売上が1.5倍となった。今では農園経営に欠かせない収益源、販売促進の手段となっているという。その他の事例についてはこちら

ネット販売は、消費者への直販であるため言い値で販売でき、市場の相場に収益が左右されない、作物を新鮮な状態で消費者に届けられる、商圏が全国に広がるため、地域で販売するよりも売上の上限が高くなる、インターネットを介した情報発信で知名度が上がり、直売所の売上も増加、インターネット経由でメディア掲載依頼や飲食店からの取引依頼が届く、といった魅力がある。

しかし、HPの製作やSNSの運用など難しいと感じる生産者は多いだろう。そうした声から生まれたのが「ネット販売代行プラン」だ。
農業特化のWeb制作・マーケティング支援事業 ファームコネクト ネット販売代行プラン 農産物販売 販路拡大ネット販売代行プランのサービス内容は以下の通り。

・農園のホームページ(ECサイト)制作
・写真編集
・LINE公式アカウント導入
・Web集客(検索広告orSNS運用)
・継続的なLP改善※1
・直販におけるトラブル対応

ネット販売の開始~運用に必要なこと全てをおこない、農園の新たな販路開拓を代行する。
サービス詳細ページhttps://farm-connect.org/service/online-sales-agency/
※1 LPとは、ランディングページの略。広義の意味ではWebサイト内でユーザーが最初に着地(ランディング)したページを指すが、広告用語としては、問い合わせや売り上げを上げることを目的として作られた専用の1ページを指す。

同社ではファームコネクト開始後、約1年半で50件以上の生産者のWeb活用を支援してきたが、引き続き生産者の収益増加に貢献し、日本の食を豊かにすべく尽力していく。

ネット販売代行プラン
ファームコネクト
リタテラス