オンライン「コンパクト農ライフ塾」第5期生募集

2020/11/26

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

The CAMPus BASE コンパクト農ライフ塾インターネットをプラットフォームとした次世代型の農学校「The CAMPus(ザ・キャンパス)」を運営するThe CAMPus BASE(ザ・キャンパス・ベース)が主催するオンラインスクール「コンパクト農ライフ塾」は2021年1月9日、新たな講師を迎え、第5期を開講する。

「コンパクト農ライフ塾」は、小さな農家の育成に特化した短期集中で学べるオンライン講座。新規就農を目指す社会人や副業で農業を目指す人、さらなる事業成長を目指す既存農家などに向けて第5期を開講する。

“コンパクト農ライフ”とは、「小さい農的暮らし」と「小さい農的商い」をハイレベルに両立させ、省エネルギーでも心豊かな生き方を手に入れる新しい農家スタイル。

一般的に「手間の割には儲からない」と言われる農業界でも「格好良くて、楽しそうで、健康的で、儲かっている」農家はしっかりと存在している。これらの農家に共通するのは、自分ブランドの確立し、自らの哲学を明確に持っていること。TheCAMPusでは、こうしたプロ農家の考え方やノウハウを基にこれからの時代にマッチした新世代農ライファーの誕生に注力していく。

「コンパクト農ライフ塾」では、厳選した農業界のプロフェッショナル9名を講師に迎え、小さくて持続可能な農家経営に必要な極意を学べる講座を展開。

第5期では、循環する暮らしをテーマにした「持続可能な農ライフ」講座を新設し、日本の環境に合ったパーマカルチャーを自ら実践しているソイルデザイン四井真治氏が登場。また、農家直送で野菜を届けるECサイト「食べチョク」代表の秋元里奈氏による「革命的農流通論」や、全国の農家・漁師から直接食材を買えて、直接話せるオンライン市場「ポケットマルシェ」代表の高橋博之氏による「独自ファンコミュニティ形成」などの講座を行う。

The CAMPus BASE コンパクト農ライフ塾

講師陣。(クリックして拡大)

全講座はオンラインかつリアルタイムで行われ、講義後には講師と受講生のコミュニケーションタイムも。すべての講義を受講した後の最終回、受講生全員がプレゼンテーションを行う。講座は、週末だけなので時間的負担が少なく、農業界ですでに成功を収めている様々な講師たちの授業を気軽に受けられることから、国内だけでなく海外からの参加者も多いという。

仲間同士のコミュニケーションを大切にしているため受講生は毎期あたり20人に限定。卒業生の中には既に農村に移住して新規就農者となり、コンパクト農ライフをスタートした人もおり、卒業生たちが集うコミュニティも活発で、毎週のようにイベントやサロンが行われているという。

コロナ禍のなかで「仕事と暮らしを変える」という選択を考えている人、新規就農を考えているが社会人のためまとまった時間を取ることができない、農業をはじめたいが何からはじめたらよいかわからない、地方に移住して小規模農業を営みたいと考えている人は、受講してみては。

【募集要項】
開講日程:2021年1月9日~2月13日の毎週土曜日※第4、第5講座のみ日曜日
講座回数:全10回(1~2講座×6日間)
定員:スタンダードコース20名/ライトコース30名
受講料:
スタンダードコース(リアルタイム受講):178,000円(税別)※zoomを使用
ライトコース(オンデマンド型アーカイブ視聴):98,000円(税別)※10講座目は聴講なし
申込締切:2021年1月8日18時※定員に達し次第締切
詳細・申込方法はこちら

【講座内容】※敬称略
第1講座:未来型農業の入口 マイファーム/西辻 一真
第2講座:超・新規 就農方法論 日本農業/大西 千晶
第3講座:持続可能な農ライフ ソイルデザイン/四井 真治
第4講座:コンパクト農業 野菜編 風来/西田 栄喜
第5講座:コンパクト農業 畜産編 しばちゃんランチマーケット/柴田 佳寛
第6講座:コンパクト農業 果樹編 香月ワインズ/香月 克公
第7講座:革命的 農ブランディング ファームステッド/阿部 岳
第8講座:革命的農流通論 食べチョク/秋元 里奈
第9講座:独自ファンコミュニティ形成 ポケットマルシェ/高橋 博之
第10講座:プレゼンテーション大会

コンパクト農ライフ塾 オフィシャルweb site
The CAMPus BASE