ワタミ、日本最大級の有機農業テーマパーク開業

2021/05/06

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする
有機農業 テーマパーク ワタミ 陸前高田市ワタミオーガニックランド

セレモニーでテープカットや記念植樹を行う陸前高田市長の戸羽太氏、ワタミ会長の渡邉美樹氏。

ワタミの子会社ワタミオーガニックランドは4月29日、岩手県陸前高田市で、有機農業テーマパーク「陸前高田ワタミオーガニックランド」を開業した。ワタミは、本ランドを再生可能エネルギーを利用した循環型6次産業モデル実現の場と位置づけ、20年かけて段階的に施設を拡充していく。

同ランドは、敷地総面積約23ha(東京ドーム5個分)という広大な敷地を有し、農場、牧場、野外音楽堂、発電施設など、段階的にさまざまな施設を増やしていく計画で、長期的に建設を進めながら施設を拡充していく。オーガニックの農作物を生産して、それをもとに加工品を作り、販売までを手掛けることで、ワタミグループが推進する6次産業モデルを具現化していく。

有機農業 テーマパーク ワタミ 陸前高田市ワタミオーガニックランド

有機農業ハウスでは、野菜の収穫体験ができ、収穫した新鮮野菜をその場でサラダとして食べられる。

4月29日に開業したエリアは「モデルエリア」と呼ばれる3.3haの区画で、インフォメーション棟、有機農業ハウス、BBQ棟、ぶどう畑で構成される。ハウス・BBQ棟では農業体験や岩手県産食材を使用したバーベキューなどが楽しめる。

有機農業 テーマパーク ワタミ 陸前高田市ワタミオーガニックランド

「手ぶらでBBQおらほハウス」。

「手ぶらでBBQおらほハウス」は、手ぶらで来ても食材の準備がいらず、岩手県産の牛肉・豚肉・鶏肉をおいしく食べられるBBQを提供。新鮮野菜の収穫野菜も体験できる。「MAKOTO YA CAFE」は地元素材を地元パン屋さん「ベーカリーマーロ」でつくったバンズで挟んだハンバーガーやクレープをそろえた。

有機農業 テーマパーク ワタミ 陸前高田市ワタミオーガニックランド

(写真左)「手ぶらで BBQ おらほハウス」では、手ぶらで来ても食材の準備がいらず、岩手県産の牛肉・豚肉・鶏肉をおいしく食べられるBBQを提供。
(写真右)「MAKOTO YA CAFÉ」では、地元素材を地元パン屋さん「ベーカリーマーロ」でつくったバンズで挟んだハンバーガーやクレープを提供。

2022年3月には「ハウスエリア」がオープン予定で、最新の植物工場を導入する予定で、同年5月には、新国立競技場などを手掛けた隈研吾氏設計による野外音楽堂を開設予定。2023年度行こうには「圃場エリア」の着工を見込んでいる。

陸前高田市とワタミは、2019年10月に本事業の連携協定を締結。施設整備・運営などはワタミ子会社のワタミオーガニックランドが担い、道路や排水等の基盤設備や現場を担う地元事業者の公募などは市が担う。ワタミは市と連携しながら事業化を進め、東日本大震災の被災地復興・地方創生を目指していく。

【陸前高田ワタミオーガニックランド概要】
場所:岩手県陸前高田市気仙町字土手影309
営業時間:平日10:00~17:00、土・日、祝日10:00~18:00
休園日:毎週水曜日
予約・問い合わせ:0192-53-2107

陸前高田ワタミオーガニックランド
ワタミ