農業・漁業の課題を100人以上の専門家が解決!

2021/08/30

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

YUIME Japan 疑問解決プラットフォーム 生産者支援 課題解決一次産業の人材支援サービスを行うYUIMEは、農業漁業など一次産業を専門とした課題解決プラットフォーム「YUIME Japan(ゆいめじゃぱん)」を8月30日にオープンした。

YUIMEの人材支援サービスでは、一次産業の生産現場に労働力を派遣し、産地間同士を連携させる独自の体制を築くことで現在、150を超える全国の農家を支援し、月間300人以上のスタッフが現場で繁忙期の人材不足の問題解決をしている。

同社はこうしたサービスを行う中で、生産者間で、情報や知識を共有するというカルチャーが根付いておらず、それぞれの現場で情報格差が生まれているという課題があることに気付いたという。そこで、同社がこれまで人材支援を通じて支えてきた一次産業に対して、今度は生産者が「今」知りたい と望んでいる情報や知識を提供することで、課題解決に導いていきたいという思いから生まれたのが「YUIME Japan」だ。

■100人以上の専門家が疑問や悩みを解決!

YUIME Japan 疑問解決プラットフォーム 生産者支援 課題解決

「YUIME Japan」のトップページ。悩みを「お金」「ひと」「もの」「わざ」「売り方」「地域」の6カテゴリーにわけているので、自分の悩みや疑問を探しやすい。

「YUIME Japan」では、悩みを「お金」「ひと」「もの」「わざ」「売り方」「地域」の6カテゴリーにわけ、さらに細かく4つのサブカテゴリーに分類し、一般的な悩みから専門的な課題まで網羅。カテゴリーから自分が知りたい情報を探していくか、キーワードで検索することができる。

オフィシャル・コメンテーターは、JA全農で事業承継支援事業を立ち上げた農業界初の事業承継士、現在は水稲種子農家の伊東 悠太郎氏、東京農業大学 准教授で「農業女子」や農家がカッコよく見えるライフスタイルの提言を行う小川 繁幸氏、畑の情報をカルテ化することでオンライン栽培管理と栽培指導を実現するIT「農の相棒 Mr.カルテ」を開発したINGEN 代表取締役の櫻井 杏子氏、6次産業化をはじめ、農林水産業全般に幅広い知見を持つ食農夢創 代表取締役の仲野 真人氏、稼げる「スター農家」を多数輩出する農業総合プロデューサー、クロスエイジ 代表取締役の藤野 直人氏など100名以上。

YUIME Japan 疑問解決プラットフォーム 生産者支援 課題解決

会員から寄せられた質問は、相談内容にあったコメンテーターが回答してくれる。

会員登録(無料)をすれば、悩みを相談することができる。寄せられた質問は、その内容にあったYUIME Japanオフィシャル・コメンテーター(専門家)が回答する形で月80件以上の課題を解決していく。※相談は、フォームに相談内容を記入し、採用されると回答が掲載される(相談内容は選考され、掲載は選考されたものに限る)。

このほか、編集部によるオリジナルコンテンツやイベントへの参加、人材支援サービスの申し込みなど、生産者に役立つ機能が充実している。

なお、本年1月に公開した一次産業の人材支援申込サービス「YUIME(ゆいめ)」のアプリ版は8月31日をもって終了するが、URL・機能も今までと変わらずに「YUIME Japan」でウェブブラウザのみでの新サービスとして利用できる。

悩みや課題がある生産者は、会員登録して課題解決を図ってみては。

【サービス概要】
サービス名:YUIME Japan
対応端末:PC、スマートフォン、タブレット
会員登録:無料
内容:課題解決、イベント情報、人材支援サービス申込、ニュースなど
URL:https://yuime.jp/

YUIME Japan
YUIME