「おきなわ農業経営マスター講座」募集開始

2021/06/29

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

マイファームは、内閣府「沖縄型産業中核人材育成事業」における生産性向上のための経営改善手法およびICTを取り入れた担い手経営体育成プログラム「おきなわ農業経営マスター講座」を実施すると発表し、受講生の募集を開始した。おきなわ農業経営マスター講座 農業経営 セミナー

同講座は、沖縄県の産業全体の生産性向上の中核的役割を担う人材を育成するため、経営改善手法およびICTを取り入れた担い手経営体育成プログラムを提供。経営プランの作成を支援することで、経営スキル、課題解決スキル、ICT活用スキルを用いて継続的に発展できる農業経営者を育成する。

内容は、農業経営講座(全12回)、経営改善研修(全8回)、ICT活用講座(全6回)の3パート、全26回の講義で、オンライン受講となる。その他、県外視察研修、経営プラン発表会もある。

講師には、弊誌でもおなじみファームサイド 佐川 友彦氏、公認会計士・税理士の原田 佑嗣氏、農業経営管理ツール「アグリノート」を企画・運営するウォーターセルの藤原 拓真氏などが担当。

受講対象者は、主に野菜、花キ、果樹を栽培する人、約5年程度の農業経験がある農業経営者(個人農家)、後継予定者、農業法人の従業員など。また、現状に課題意識を持ち、改善しようという意志がある人。視察研修、最終発表会を含む全ての回に参加可能な場合に限る。

研修日程は7月27日(火)~11月23日(火)まで。募集人員は30名程度、受講料は無料。募集期間は7月19日(月)までなので、沖縄県の生産者で興味のある方は申し込んでみてはいかがだろうか。

【開催概要】
期間:7月27日(火)~11月23日(火)
対象:
・主に野菜、花卉、果樹を栽培する方
・約5年程度の農業経験を有する方(農業経営者(個人農家)、後継予定者、農業法人の従業員等)
・現状に課題意識を持ち、改善しようという意志がある方
※視察研修、最終発表会を含む全ての回に参加可能な方
定員:30名
受講料:無料
※県外視察研修、最終発表会への出席にかかる交通費も全額補助
(離島の方は、本島への交通費も全額補助)
申込:インターネット・メール・FAXで申し込む
申込締切:7月19日(月)
講座概要や申込方法など詳細はこちら

マイファーム