有機農業を学ぶ「農の学校」第4期生の募集開始

2021/07/07

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

兵庫県丹波市とマイファームは7月5日より、全日制農業学校「丹波市立 農(みのり)の学校」の第4期生の募集を開始した。

農の学校 有機農業 マイファーム 丹波市 新規就農

「農の学校」の実習風景。

同校は、マイファームが丹波市から指定管理者の指定を受けて2019年から運営する全国初の“公設民営”の有機農業を学ぶ農業学校。古くから有機農業が盛んな丹波市の地域特性を生かしたカリキュラムや、地域の農業関係者を巻き込んだ「地域のなりわい講座」や「プロ農家研修」なども特徴的で、移住と新規就農希望者に寄り添った学校となっている。

2021年の同校第3期生は20名で年齢層は20~60歳代と幅広く、近隣地域からの通学のほか、神奈川県、福岡県、香川県からの移住者もいる。施設や講義ともに開校初年度からの改善および拡充を図っており、さらに高いレベルで学べるようになっている。2020年9月には有機JAS認証も取得し、有機JAS認証圃場での実務も実践できるカリキュラムを組んでいる。なお、第1・2期生の56%が卒業後、丹波市地域内へ就農している。

2022年度の募集は、2022年2月15日(火)まで受け付けており、定員は20名。受講生は選考で決定する。また、同校は国が実施する「農業次世代人材投資資金(準備型):年間150万円給付」の認定研修機関で、入学の際は受講期間中の家賃助成や移住サポートが受けられる。

有機農業を本格的に学びたい人、有機農業で就農したい人など、入学を検討してみては。

【募集概要】
開講期間:2022年4月~2023年3月(2学期制)
総受講時間(前年度実績):1624時間 週5日程度/全日制
定員:20名
入学要件:18歳以上の方/高等学校卒業程度の学力を有すること/健康状態が良好であること
費用:受講料670,000円(税込) ※その他農業検定受験料等負担あり
募集期間:7月5日~2022年2月15日(火)
※選考にて受講生を決定
募集要項の詳細はこちら

農の学校
募集専用サイト
公式Facebookページ