千葉市で就農!新規就農アドバンス研修生を募集

2021/10/05

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする
千葉市 マイファーム 新規就農アドバンス研修生 新規就農 農業研修

※写真はイメージです。

マイファームは、千葉県千葉市と業務委託契約を締結し、「令和3年度新規就農アドバンス研修生」の募集を開始した。イチゴもしくはトマトで就農する新規就農者を育成する。

同研修は1年間の研修期間を通じて、研修終了後、スムーズに千葉市での就農が可能になる講義プログラムを用意。トマトまたはイチゴの新規就農者を育成する。

研修生は、実習(生産指導)、座学講義、現地農家研修、技術フォローアップ、メンターフォローアップ、就農準備(農地探し、設備・資金計画等)といった「技術」、「経営」、「就農サポート」を軸とした講義により、専門知識や実践に役立つノウハウを習得できる。また、講義だけでなく、研修生の自主学習性も重視し、自ら考え、動き、学び、地域に入っていける人材の育成を目指す。

研修生の募集人数は3人(イチゴ2人、トマト1人)。応募資格には45歳未満であること、これまで研修等の経験を積んでいること(農業大学校、民間の農業学校で学んだ者等)、千葉市内で就農することなどの条件を満たす者となっている。

千葉市内で就農を考えている方は応募してみては。

【募集概要】
研修期間:2022年1月12日~12月20日
研修場所:千葉市農政センター(千葉市若葉区野呂町714-3)
募集人数:3人(イチゴ2人、トマト1人)
応募資格:
(1)45歳未満(令和4年1月12日現在)
(2)これまでに研修等の経験を積んでいること(農業大学校、民間の農業学校で学んだ者等)
(3)研修中、車で通所が可能であること
(4)農政センターほ場で、栽培から販路までの研修を自ら計画し、自ら実施できること
(5)研修修了後、千葉市内で就農すること
(6)就農後、地域をけん引する農業経営者を目指せること
研修費用:年間170,000円(税込)

【研修スケジュール・カリキュラム】
(1) 実習(生産指導)イチゴ 1~5月:収穫、6~8月:片づけ・育苗、9月:定植、10月:栽培管理、11月:親苗定植、12月:収穫
(2)実習(生産指導)トマト 1月:栽培管理、2~6月:収穫、7~8月:片づけ、9月:播種、10月:鉢上げ、11月:定植、12月:栽培管理
(3)座学講義 年36コマ
(4)現地農家研修 年12回
(5)技術フォローアップ 年24回
(6)メンターフォロ-アップ 週1回
(7)就農準備(農地探し、設備・資金計画等)

【応募方法】
提出書類:
・新規就農アドバンス研修申込書(様式第1号)
・履歴書(様式第2号)
・質問票(様式第3号)
・作文(様式第4号)
・意向調査(様式第5号)
提出方法:提出書類に必要事項を記入の上、提出期間内までに申込書類受付先にPDFによるメール送信もしくは郵送する。
申込書類受付先:
千葉市新規就農アドバンス研修事務局
株式会社マイファーム
〒108-0073 東京都港区三田二丁目14番5号フロイントゥ三田508号
☎03-6435-9675、e-mail:chiba-advance@myfarm.co.jp
提出期限:10月29日17:00まで
※なお、郵送の場合は提出期限日まで必着のこと
提出書類等の各様式やその他詳細はこちら

令和3年度新規就農アドバンス研修生を募集します
マイファーム