農業の技術と経営学ぶ「SEADS」第3期生募集

2021/08/03

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

有機農業をはじめ持続可能な農業の技術・経営に必要なすべてを座学と実践を通じて学ぶ場として、産学官が連携して運営する鶴岡市立農業経営者育成学校 SEADS(シーズ)(以下SEADS)は、2022年4月入校予定の第3期生の募集を7月28日(水)から開始した。

SEADSは2020年4月に開校した、有機農業を中心に経営に必要な全てを座学と実践を通じて学ぶ2年制の農業育成学校。農業者が著しく減少する現状に対して、全国から研修生を集め、将来の担い手として育成することを目指している。行政機関、JA、教育機関、民間企業が連携し、栽培技術研修、営農計画の策定、農地や販路の確保など、就農準備から農業経営安定化までを一貫して支援する国内でも類をみない体制を構築しているのが特徴。同校は鶴岡市が開設運営し、具体的な運営業務は委託先のヤマガタデザインが行っている。 第1期生13名、第2期生9名が、寮生活を送りながら年々関心の高まりを見せる有機農業を中心とした 「稼げる農業」を学んでいる。

鶴岡市立農業経営育成学校 SEADS 新規就農 就農 有機農業 農業経営

座学や実習を通して農業に必要な技術と経営のノウハウを学ぶことができる。(出典:SEADS)

2年間のスケジュールだが、1年目は「基礎を幅広く学び、自分が目指す就農方法を考える」として、専門家から有機・慣行農業の知識、地域の先輩農家から技術を学ぶ座学を566時間、「水稲、施設園芸(果菜と葉菜)を特別栽培以上の圃場で技術を学ぶ」実習を1,034時間の合計1,600時間、2年目は「自分が目指す就農に向けて、準備を加速させる」として、「栽培知識・経営知識の習得し、就農プランを策定する」座学を318時間、「自分が目指す就農方法(作物・農法)に沿った圃場で技術を学ぶ」実習として1,365時間の合計1,683時間学ぶこととなる。

鶴岡市立農業経営育成学校 SEADS 新規就農 就農 有機農業 農業経営

東北芸術工科大学監修のもと、元旅館をリノベーションした宿舎・研修会場。(出典:SEADS)

研修期間中は、基本的に宿舎での寮生活となる(鶴岡市内の受講生は通いも可能)。同じ志を持った仲間と共同生活を送ることで、研修生同士の親交が深まるほか、就農に向けた悩みや課題などを相談・共有できる場となっているという。

現在、日程等は未定だが、説明会や現地見学会の実施を予定している。また、首都圏の「新・農業人フェア」といったイベントに出展予定のほか、随時オンライン等での説明にも対応しているので、気になる方は問い合わせを。

理論と実践をきっちり学び、稼げる農業を実現するための経営ノウハウを先進農家から学ぶことができるSEADS。鶴岡市で就農を考えている人、有機農業を学びたい人、親から農業を継ぐ前に知識と経験を身に着けたい人、すでに就農しているが学校で専門的な知識を身に着けたい人など、SEADSへの入校を選択肢の1つとして考えてみてはいかがだろうか。

【SEADS 第3期生募集要項】
研修期間:2年間(2022年4月~2024年3月)
研修内容:(参考)令和3年度の履修時間数
1年目:座学(必修)566時間、実習(必修)1,034時間の合計1,600時間
2年目:座学(必修)318時間、実習(必修)1,365時間の合計1,683時間
募集人員:10名
応募資格:
・原則として年齢18歳以上48歳未満であること
・授業料などのほか生活に困らない預貯金がある、または家族の支援が得られること
・研修終了後、5年以上鶴岡市に定住・就農する意志があること
・研修中及び就農後、地域の行事に参加し、地域住民と協調できる人物であること
・普通運転免許証を有すること
・入校体験会や現地見学会等へ参加していること(参加する意志があること)
受付期間:
第一次 締切:2021年9月30日(木)
第二次 締切:2022年1月7日(金)
第三次 締切:2022年2月10日(木)
※各締切後に面接等による審査を行う
※募集人員に達し次第、募集を終了する
費用と支援:
(1)費用
入学金:無料
授業料:年額120,000円
宿舎使用料:月額10,000円(水光熱費分として)
食材費:月額 6,000円(月~金曜日の夕食ほか)
その他:前年の所得に対し、住民税や所得税、健康保険税などが課されます
(2)支援
農業次世代人材投資資金(準備型):150万円/年
※審査によって支給の可否が判断される
その他:
・研修や地域内での移動にあたっては自家用車が必要になる
・親元就農や既就農者等が通いで座学研修のみ受講する場合、授業料は半額(年額60,000円)になる

【出願について】
必要書類:
・履歴書(任意様式)
・志望動機書(400字程度・任意様式)
・自己PR書(400字程度・任意様式)
出願方法:上記必要書類を添付の上、下記メールアドレスへ送付する。
鶴岡市農林水産部農政課担い手育成支援室
e-mail:nosei@city.tsuruoka.yamagata.jp

SEADS 第3期生募集要項
鶴岡市立農業経営者育成学校(SEADS)