秋田の新ブランド米「サキホコレ」先行販売を開始

2021/11/10

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

秋田県は11月6日、秋田米新品種「サキホコレ」先行販売キックオフイベントを銀座三越で開催した。「サキホコレ」は銀座三越をはじめ秋田県内約370店舗と県外約250店舗で6日から先行販売を開始した。

秋田県 コメ 新品種 サキホコレ

「サキホコレ」先行販売キックオフイベントを盛り上げたハナコのメンバーと秋田県の佐竹 敬久知事(写真左)。

「サキホコレ」は、米どころ秋田が「あきたこまち」から37年を経て、食味に徹底的にこだわって開発した秋田米の最上位品種。昨年(2020年10月に品種登録を出願)。

「サキホコレ」の開発は2014年に「秋田米新品種開発事業」として新品種の開発事業がスタート。新品種の開発において、何より重視されたのは「食味の良さ」。 開発コンセプトは、日本人が好むお米の代表格「コシヒカリ」を食味で上回ること。 一方で、収量、耐病性などの栽培特性については、“「あきたこまち」並以上”を目指すけれども、食味特性が極めて優れている場合は、栽培特性に弱点があっても選抜することとされ、これまでの秋田米にはない高い食味を追求した開発が進められることになった。

■食味を徹底的に追求!

父親に、大粒・良食味で、交配母本としての評価も高かった県オリジナル品種の「つぶぞろい」を、母親には、愛知県が育成した良食味で、いもち病にも極めて強い「中部132号」を採用した。これまで県農業試験場では、子となる品種が秋田の冷涼な気候に適応するよう、東北地域内の品種同士を掛け合わせることが一般的だった。しかし、それでは大幅な食味の向上は望めないと考えた開発担当者は、栽培特性上のリスクはあったとしても、あえて他の地域で育成された良食味系統の「中部132号」を掛け合わせることを選択したとのこと。

こうして生まれたのが米どころ秋田が食味に徹底的にこだわって、開発した秋田米の最上位品種「サキホコレ」(秋系821)だ。「コシヒカリ」や「あきたこまち」が持つ「日本人が好む食味」を持ちながらも、ふっくらとした粒立ちと、ツヤやかで食欲をそそる外観、かむほどに広がる甘さが特徴の新品種が誕生した。さらに、栽培特性においても、母親である「中部132号」が持ついもち病に対する耐性を引き継いでいたほか、栽培試験における地道な選抜により、高温による品質低下が少なく、冷害にも強いという、「あきたこまち」以上の優れた特性も獲得した。

秋田県 コメ 新品種 サキホコレ

「サキホコレ」のパッケージ。

ネーミングに関しては、2020年春に一般公募した25万件を超えるネーミング案から選ばれた。「サキホコレ」には「秋田の地力」から生まれた「小さなひと株」が誇らしげに咲き広がって、日本の食卓を幸せにしてほしいとの思いが込められているとのこと。

また、最上位品種としてのブランド価値を高めるために以下の基準を設定した。
・外観・食味などの品種特性を安定的に発揮できるよう「作付推奨地域」を設定。
・高品質・良食味なお米の生産実績があり、土壌診断に基づく土壌改良を行うなど、一定の要件をクリアした生産者が栽培。
・品質・出荷基準に基づく厳格な管理により、高い品質と優れた食味を担保。

■本格デビューは2022年秋!

「サキホコレ」の本格デビューは来年2022年秋の予定だが、先行販売として銀座三越をはじめ秋田県内約370店舗と県外約250店舗で販売を開始した。

秋田県 コメ 新品種 サキホコレ

サキホコレ販売の様子。

11月6日に銀座三越で行われたイベントでは、「サキホコレ」のアンバサダーで法被を着たお笑いトリオの岡部 大さん、秋山 寛貴さん、菊田 竜大さんと、銀座三越本館地下3階にある「米屋彦太郎」店主で五つ星お米マイスターの秋沢 毬衣さんがゲストとして登場。秋田県出身でハナコのリーダーを務める岡部さんは「高校時代はバスケをやっていたので試合の日には5、6個おにぎりを持って行くほど大好き」と秋田県で過ごしていた当時を振り返りながらお米好きエピソードを披露した。

サキホコレを使ったおススメの食べ方について、秋沢さんからは「ご飯をおかずにしたいご飯なので、塩むすびやお鍋の〆の雑炊、のどごしの良さや粒のハリが素晴らしいお米。お酒の〆にもおススメですね」とサキホコレの特徴を活かした食べ方を提案。また、秋田県の佐竹 敬久知事は「お塩もおいしいですけど味噌。味噌とお酒とお砂糖を練ってちょっと塗って焼くと最高です。あと、ドロッとならないからリゾットもいいですね」と開発当時から知る知事ならではの食べ方を披露した。

続いて、サキホコレを使った塩むすびをハナコの3人が試食、言葉にできないウマさを顔全体で表現した。また、キックオフイベント後は、銀座三越地下3階食品売場で、佐竹知事ら関係者がサキホコレが販売した。「サキホコレ」は、11月中旬以降、秋田県内外で、宿泊施設・飲食店における「サキホコレ」を使ったメニュー提供などのキャンペーンも展開予定だ。

「サキホコレ」特設サイト