令和3年産米食味ランキング「特A」は42点に減少

2022/03/03

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

(一財)日本穀物検定協会は3月2日、令和3年産米の食味ランキングを公表した。令和3年産の米の食味ランキングの対象となったのは、前年より2つ減って152産地品種。このうち「特A」が42点(2年産は53)、「A」が88点(同77)、「A’」が22点(同24)となった。「B」と「B’」は2年産と同様、いずれも該当なしという結果だった。

コメ 米の食味ランキング 日本穀物検定協会

※画像はイメージです。

コメ 米の食味ランキング 日本穀物検定協会

表1 令和3年産米で特Aランクに選出された産地と品種(表は編集部で作成)。

最高位の特Aにランクされたのは出品数全体152産地品種のうち42産地品種(2年産は53)で、前回より11減少した(ただし、2年産で特Aを取得した4つの産地品種は地区変更などで今回は対象外)。3年産米の全国の作況指数は101(2年産は99)、一等比率は83.1%(同80.1%)と大きく変わっていないが、関東や福島県、長野県で特Aの減少が目立つ結果となった。これについて同協会は「関東周辺で特Aの減少がみられ、8月半ば以降の登熟期の天候不順による影響は考えられるが、それが原因とまでは言いにくい」と話している。

特Aは品種別にみると、「コシヒカリ」が13(2年産は16)と最も多いが、次いで中国地方などで作付けが盛んな「きぬむすめ」が5(同4)、「つや姫」が4(同4)、「ヒノヒカリ」が4(同2)となった。

また、北海道産「ななつぼし」と佐賀県産「さがびより」は12年連続で特Aを取得。最高級米といわれる新潟の魚沼産「コシヒカリ」は4年連続で特Aだった。一方、福島・中通りと浜通りの「コシヒカリ」は特AからAに下がった。

今回初めて特Aとなった品種は6産地品種。京都の「コシヒカリ」(丹波)、「ヒノヒカリ」(山城)、和歌山の「きぬむすめ」(県北)、島根の「きぬむすめ」、広島の「恋の予感」(南部)、大分の「つや姫」(北部)と、すべて西日本のものだった。特Aとなった西日本の産地の中には「温暖化が進む中、高温障害に対応した品種の栽培に力をいれてきた」(同協会)ところも多いという。

前回のAから特Aに移行したのは、栃木の「コシヒカリ」(県北)、千葉の「コシヒカリ」(県南)、新潟の「コシヒカリ」(岩船)、岐阜の「コシヒカリ」(美濃)、山口の「きぬむすめ」、熊本の「ヒノヒカリ」、大分の「ひとめぼれ」(西部)の6産地品種だった。

また、今回、新たに対象となった鳥取の「星空舞」と、熊本の「くまさんの輝き」は、いずれも「A」を取得した。

昭和46(1971)年産米から始まったランキングは今回で51回目。食味ランキングの対象産地品種は道府県の奨励品種であることや、作付面積が一定の基準を満たすなどで選定している。白飯の「外観・香り・味・粘り・硬さ・総合評価」の6項目について、複数産地コシヒカリのブレンド米を基準米とし、同協会が選抜、訓練した専門の食味評価員20名が評価する。基準米よりも特に良好なものを「特A」、良好なものを「A」、基準米とおおむね同等なものを「A’」、やや劣るを「B」、劣るを「B’」としている。

日本穀物検定協会