ひろしま型スマート農業プロジェクト参加企業募集

2021/04/01

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

広島県では、「イノベーション立県」を掲げ、新たな価値やサービスが沸き起こるイノベーション・エコシステムの構築に向けた取組の一環として「ひろしまサンドボックス」の取り組みを実施している。

広島県 ひろしまサンドボックス スマート農業

※写真はイメージです。

このたび、同県農業の課題を解決するスマート農業の技術(製品・アプリ・サービス等)を全国から募集し、中山間地域が大半を占める同県の生産環境に適応するようカスタマイズし、収益性の高い経営モデルを構築する実証プロジェクトに取り組む。

プロジェクト実施に当たっては、より効果的な取り組みを行うため、県が設定した6つの募集テーマから、アイデア・技術を募集し、プロジェクトテーマとして絞り込む。その後、絞ったテーマのプロジェクト計画書を募集し、優秀なものを3つ程度のプロジェクトとして決定する。

アイデアの募集テーマは以下の通り。

①ほうれんそう等軟弱野菜の栽培から販売までの効率的な一貫体系の構築
②トマトの栽培から販売までの効率的な一貫体系の構築
③カット用青ねぎ等加工業務向け露地野菜の効率的な一貫体系の構築
④ぶどうの大規模経営の実現に向けた効率的な作業体系の構築
⑤レモン等の大規模経営の実現に向けた収穫から販売までの改善
⑥中山間地域における100ha規模の水稲栽培の実現に向けた効率的な作業体系の構築

プロジェクトの概要は以下の通りとなる。

・実証開始から経営モデルの確立まで最長3年とする
・県内産地を実証フィールドとし、データを収集しながら、技術のカスタマイズを行う。
・確立された経営モデルは、成果発表会を行い、県内へ普及していく
・令和3年度は、5月末を目標にプロジェクトを決定し、3つのプロジェクトを実施
・令和4年度は3プロジェクト、5年度は3プロジェクトを新たにスタートさせる予定
・1プロジェクト当たり、初年度2,000万円、2年目、3年目1,000万円程度の委託費を想定

また、プロジェクトの実施に対しての支援としては以下を予定している。

①実証費用の支援
技術のカスタマイズや実証試験に必要な材料費、交通費など最大4,000万円程度の必要経費を支援。
②実証フィールドの提供
スマート農業の導入による経営改善を目指している農業経営者の圃場を提供。圃場を提供した農業経営者から技術等に対する意見を直接、ヒアリングをすることができる。
③農業技術指導所(普及指導員)による実証試験のサポート
各産地の生産技術に精通した農業技術指導所の普及指導員が、実証試験の方法のアドバイスや日々のデータ収集などの支援。
④農業経営などのアドバイザーの派遣
実証試験の実施や取りまとめにあたり、栽培技術や経営モデルの構築など、必要なアドバイザーを派遣する。
⑤技術の普及に向けたバックアップ
実証試験によって確立した経営モデルやスマート農業技術の県内への普及について支援。
⑥サテライトオフィスの提供
実証フィールドでの試験などに必要な現地でのサテライトオフィスの設置を支援。

広島県の農業課題について、自社のスマート農業技術・サービスを活用してみたいと思う企業はぜひ応募を。応募方法、事業説明会など詳細は広島県のHPを参照すること。

【応募概要】
アイデア・技術募集期間:4月1日(木)~4月19日(月)
募集対象:スマート農業技術を持つ全国の企業等
今後のスケジュール(予定):
4月6日:事業説明会の開催(13:30~15:00 webにて)
4月28日:プロジェクトテーマ決定
4月28日~5月19日:プロジェクト計画書募集
5月31日:プロジェクトの決定
応募方法、事業説明会など詳細はこちら

令和3年度ひろしま型スマート農業推進事業に係る参加企業(アイデア・技術)の募集について
ひろしまサンドボックス
広島県