有機キノコ営農型太陽光発電事業を提案 ハルカ

2021/04/30

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

有機JAS菌床キノコメーカーのハルカインターナショナルは、菌床キノコの有機栽培と太陽光発電を組み合わせたソーラーシェアリング事業を開始した。5月から香川県にモデル農場を立ち上げ、参入を希望する企業向けに事業提案を行っていく。

営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)とは、田や畑、果樹園などで農業を行いながら、その農地の上部に3m~3.5mの高さに太陽光発電を設置するもので、農作物の売り上げに太陽光発電による売電収入が加わることで、農家の所得向上に貢献するとして、農林水産省でも促進策が発表されている(農林水産省・平成30年5月15日「営農型発電設備の設置に係る農地転用等の取扱いについて」)。

ハルカインターナショナル 有機キノコ営農型太陽光発電 SDGs

ハルカインターナショナルが生産する有機JASシイタケとエリンギ。

同社が開始したソーラーシェアリング事業では、発電した電力は環境に負荷をかけない自然再生エネルギーとして、有機認証のキノコ栽培の加温などに活用できるため、寒冷地での栽培や栽培管理の平易化につなげることができるという。

当面は、国内に製造工場などがある大手メーカーなどの参入を優先して受け入れる。製造工場周辺で、農地や耕作放棄地など余剰地が多い場所は、営農型太陽光発電の立地に好適な環境であるとし、また、発電した電力は隣接する工場用にも低コストで活用できるメリットがあるという。

また、環境省や農水省が営農型太陽光発電事業を支援する補助金も積極的な活用を促す。農水省は、国連が提唱するSDGsの達成に向けて有機農業の新たな振興目標を明らかにしており、同社は企業の有機農林業参入によって、オーガニック食材の生産消費の拡大に寄与する機会づくりを図る。

参入希望企業には、同社独自方式の培養・栽培ハウスや菌床など専用資機材を提供し、早期の事業立ち上げと有機JAS認証の獲得をしてもらう。また、栽培事業だけでなく、事業立地など条件によっては、菌床製造のメーカーにもなってもらい、協業者によっては海外での事業立地も視野に入れている。

SDGsモデル農林業普及振興研究会を発足

ハルカインターナショナル SDGsモデル農林業普及振興研究会

ハルカインターナショナルが取り組むSDGsモデル事業の概要図。

また、同社では、栽培を終えた菌床を堆肥としてリユースする循環型農林業を始めており、今年3月には本部農場が立地する郡上市の市役所、岐阜県庁林政部、十六銀行、肥料メーカーの花ごころなどとともに「SDGsモデル農林業普及振興研究会」を発足させた。菌床原料の広葉樹資源がキノコ菌とともに優良な堆肥や、平飼い養鶏の飼料・敷材に活用されるモデルとなる。有機菌床の堆肥を活用することで、土壌の団粒化を促進させて、農作物の増収や栄養価を高められるとしている。

国内の菌床キノコ栽培事業は、技術レベルでは中国とともに世界最先端の位置にありながら施設整備や栽培管理が高コストな上、商品の差別化ができないために安売り競争で疲弊化しているという。同社は、環境に負荷をかけないオーガニック栽培の特質が、今回の循環型の農林業モデルにあるとして準備を進めてきた。

国連総会職員向けのSDGsカンファレンスで、最優秀の事例発表に選ばれている有機農業リーダー小祝政明氏を研究会の主要メンバーとして、全国に事業モデルを展開していく。

オーガニック宇宙食を提案

また、2020年冬に開発した有機JASキクラゲのジェル加工品については、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が募集している宇宙日本食への申請準備もスタートした。宇宙空間では、紫外線によるビタミンDの生成が困難な上、骨粗しょう症が地上の10倍の速度で進行するなど、ビタミンDやカルシウム等の栄養価を確実に摂取できる保存食品の開発が求められてきた。

ハルカインターナショナル 宇宙食 JAXA 有機JASキクラゲ キクラゲのジェル加工品

レトルトパウチ加工のキクラゲジェル。

同社が申請するジェル加工品は、次世代型の開放型栽培と天日干しを用いたビタミンD含有量が高い有機認証キクラゲを原料にしている。厚生労働省が示している成人一日当たりの目安量の約3倍を摂取することが可能になるという。

生鮮キノコの海外輸出を開始

さらに同社は、岐阜県庁林政部や十六銀行などの支援を受けながら、生鮮キノコの海外輸出を今年度から開始。農水省が進める国産農産物の海外輸出にも寄与するため、今秋以降に有機JASシイタケをシンガポール市場に空輸する準備を始めた。企業ベースで本格的に生鮮キノコを海外輸出する取り組みは国内では初めて。また、乾燥シイタケについても東南アジアや欧米でも消費が増加傾向にあるため、有機JASの乾燥シイタケを、生シイタケの出荷と合わせて海外輸出を図る。

ハルカインターナショナル
【参照】農林水産省「営農型太陽光発電について」