東大農学部がスマート農業をテーマにセミナーを開催

2021/10/13

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部は、第4回農学部オンライン公開セミナー「スマート農業:ICT技術を活用した新しい農業の形」を10月16日(土)に開催する。定員は約500名で参加費は無料。

東京大学農学部 セミナー スマート農業

(※クリックして拡大)

プログラムは、まずは「生態調和農学機構の紹介」として生態調和農学機構 河鰭 実之教授が登壇。次に「近接リモセンとAIを用いた植物フェノミクスとその応用」をテーマに生態調和農学機構郭 威助教、「農業ロボットの作り方」を生物・環境工学専攻 海津 裕准教授、「スマート農業とは何か?-過去、現在、未来-」を生態調和農学機構 平藤 雅之特任教授がそれぞれ登壇する。

Zoomによるオンライン開催とYouTubeにて同時配信。参加は事前登録制で申込締切は10月15日(金)17時まで。スマート農業に興味のある方なら参加してみては。後日、オンデマンド配信も予定されているとのことなので、当日参加できない人はそちらで視聴できる。

【開催概要】
開催日時:10月16日(土)13:30~16:30(13:00よりアクセス可能予定)
開催場所:オンライン開催(Zoom使用)※YouTubeにて同時配信
参加費:無料
定員:約500名(事前登録制)
対象:誰でも参加可能
申込締切:10月15日(金)17:00
※講演前日までに資料が公開予定
申込フォームはこちら
セミナーについてはこちら

農学部公開セミナー
東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部