「壺焼き芋」と規格外野菜で6次化

2021/05/06

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする
農家直営 6次化 焼き芋 壺焼き芋

「芋頃」浜北本沢合本店。

静岡県浜松市に2020年3月に、壺焼き芋を販売する「芋頃(いもころ)」をオープンしたのは、阿部ファーム代表の阿部尚男さん。オープンして一年足らずだが、静岡県のラジオやTV、新聞等に取り上げられ、現在では店舗も4店舗(キッチンカー、フランチャイズ含む)に増えるなど人気店となっている。

農家直営 6次化 焼き芋 壺焼き芋

(写真左)遠鉄百貨店B1店。(写真右)浜北駅中店。

阿部さんが就農したのは2013年。サラリーマンとして働いていたが、今後もこのままでいいのかと思うようになり、農業に魅力を感じていたため農業へ新規就農を図ったという。現在は4町歩の圃場で、ニンジン、ダイコン、タマネギ、オクラ、サツマイモなどを栽培している。

農家直営 6次化 焼き芋 壺焼き芋

4町歩の圃場で、ニンジン、ダイコン、タマネギ、オクラ、サツマイモを栽培。無農薬栽培にこだわっている。

そんな阿部さんが焼き芋に注目したのは、祖母との思い出からだったそう。

「寒い冬、さつまいもを収穫している時に、昔、おばあちゃんが壺で焼き芋を焼いてくれたことを思い出し、もう1度食べたくなり、壺焼き芋専門店をオープンさせました」

店名も「子供の頃、おばあちゃんが焼いてくれたお芋」で「芋頃(いもころ)」と命名した。

最近は「全国やきいもグランプリ」が開催されたり、焼き芋専門店が各地にオープンしたりなど、第4次焼き芋ブームと呼ばれるほど焼き芋が人気。大きな要因は「芋を焼く機械の進化」と「サツマイモの品種改良」と言われている。機械の進化によって、固定店での販売が実現したことにより、消費の拡大につながっていること。サツマイモの品種改良で、安納芋や紅はるか、シルクスイートなどの甘味が強く、独特のねっとりとした食感が特徴的な品種が登場したことにより、天然のスイーツとして幅広い世代で人気となった。

そんな激戦区となっている焼き芋で人気となった「芋頃」。収穫しいたサツマイモは、土がついた状態で最低60日間、温度13度、湿度90%の専用冷蔵庫で保存し、甘味を最大限に引き出す。

農家直営 6次化 焼き芋 壺焼き芋

「壺焼き」を採用。壺焼きは、サツマイモに均等に熱が通って中までトロトロの焼き上がりになる。壺焼き芋は量り売りで500円前後。

焼き方は江戸時代に主流だった焼き芋の調理法の「壺焼き」を採用。常滑焼の壺にかけたつりがねに芋をぶらさげ、炭の熱と壺からの遠赤外線で蒸し焼きにしている。約2時間かけて熱していくため、均等に熱が通り中までトロトロの焼き上がりになるという。

そんな「芋頃」が夏の新商品の販売を4月下旬から開始した。焼き芋というと冬の食べ物というイメージがあるが、夏においしい焼き芋を提供できないかと商品化したもので、昨年も好評だったものをさらに進化させた。

農家直営 6次化 焼き芋 壺焼き芋

新メニューの「壺焼きイモンブラン氷」972円(テイクアウトのみ)。壺焼き芋の餡をモンブラン状にしたものとカスタードアイスを上部にかけた芋好きにはたまらないかき氷。

新商品は、壺焼き芋の餡をふんだんに使い、モンブラン状にした焼き芋をかき氷の上にかけた見た目も面白い商品(かき氷はすべてテイクアウトのみの提供)となった。

農家直営 6次化 焼き芋 壺焼き芋

その他の夏の新メニューは写真の「焼き芋アイス」680円と「苺の零氷」972円。

また、阿部さんは焼き芋だけにはとどまらず、野菜を主役にした「浜松ピクルス」の販売も行っている。ダイコン、ニンジンなどの自家生産の野菜や、浜松の農家の野菜を使い無添加でピクルスを製品化した。季節によって違う野菜の種類のピクルスを販売している。焼き芋を購入した客が気になって購入することが多く、見た目もオシャレでSNSにも多く投稿されているという。味付けは、昆布だしや蜂蜜、バニラビーンズなど野菜を美味しくい食べられる味付けを研究した。

農家直営 6次化 浜松ピクルス

季節の野菜を使ったオリジナルの「浜松ピクルス」756円。規格外の野菜も価値あるものになるということを届けたかったと阿部さん。カラフルで瓶もオシャレ。SNSによく投稿されているという。

「浜松ピクルス」に使用している野菜は、規格外の野菜。規格外の野菜は、安価で取引されたり、破棄されてしまうこともある。そんな規格外の野菜でも価値ある商品になる、というのを農家の方に示して勇気づけたかったと阿部さん。

農家直営 6次化 浜松ピクルス 壺焼き芋

店内はオシャレで落ち着いた雰囲気。農家直営ということで野菜の写真や農具などもディスプレイ。

今後は、農業が豊かで憧れる産業にするべく取り組んでいきたいと阿部さん。芋頃のノウハウを届けるフランチャイズとしての活動などを通して、次世代を担う若者からも興味を持ってもらえるように、農業全体を盛り上げていけたらと抱負を語ってくれた。

【芋頃概要】
店舗:浜北本沢合本店、遠鉄百貨店B1店、浜北駅中店、キッチンカー(FC)
公式HP:https://imokoro.com/
Instagram:芋頃