6次化を後押し!佐賀県で農産加工支援研修生募集

2021/04/21

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

佐賀県農業大学校では、新たな農業経営戦略として農産加工を取り入れた6次産業化を促進するため、農産加工に関する基礎研修、応用研修の2つの研修を実施している。この度、「令和3年度農産加工支援研修」として受講生募集を開始した。

佐賀県 6次産業化 農産加工支援研修

※写真はイメージです。

基礎研修は、新たな農業経営戦略として農産加工による6次産業化に取り組もうとする農業者等が対象で、6次産業化に取り組む際に知らなくてはならない食品製造に関する法律や食品衛生の知識等について学習する。また、最近の6次産業化の動きや、実際に施設を利用した農産加工品づくりによる、農産加工に関する基本的な知識や技術を学ぶことができる。

応用研修は、農産加工の品目を選択し商品開発に取り組もうとしている農業者等、既に農産加工品の試作・製造・販売に取り組んでいる農業者等(食品営業許可を持つ農業者)が対象。

内容は、試作研究および専門家のアドバイスによる売れるものづくりなどの商品開発力や経営力を向上するための加工技術や新商品開発を支援する研修、受講者が抱えている課題解決のための試作・研究を行うことにより、加工技術の向上や新商品の開発を支援するといった具体的な内容となっている。

募集定員は、基礎研修が10名程度、応用研修が5名程度(組織・個人)。研修日程は、基礎研修が7月2日から9月10日までの毎週金曜日の全9回。応用研修は7月6日から2月18日までで7回から9回程度。どちらも日程変更の可能性あり。

受講料は無料となっており、佐賀県で6次産業化を目指す生産者、すでに取り組んでいるが課題を持っている生産者などは、6次産業化について学べるチャンスだ。

【募集概要】
募集期間:4月15日(木)~6月11日(金)
募集人数:基礎研修10名程度、応用研修5名程度
研修場所:佐賀県農業大学校農産加工研修館(佐賀市川副町南里1088)
受講申込方法:受講申込書を最寄りの農業改良普及センターへ提出
※応募者多数の場合は書類選考
問い合わせ:農業大学校研修部農業研修課農家研修担当☎0952-45-2145)
詳細や申込方法などはこちら

佐賀県「令和3年度農産加工支援研修」の受講生募集のお知らせ
佐賀県