メディア×アプリで農業生産者支援 「ツチカウ」とアウトレットアプリ「Let」

2020/08/21

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

唐沢農機サービスとレットは、新型コロナウイルスの影響で経営が悪化している農産物生産者を応援すべく提携した。

唐沢農機サービスが運営する農業情報ウェブメディア「TSUCHIKAU(ツチカウ)」による情報発信無償支援に加え、利用ユーザーが200万人を超える「Let(レット)」にて、アプリユーザーに向けて初期費用・月額・販売手数料を無料で販売できる取り組みを、8月21日より開始した。

●「ツチカウ」での情報発信無償支援
農産物生産者のPR活動を支援すべく、生産者の情報発信を無料代行する。生産者のこだわりや価値観など、農業に対する姿勢を取材・編集し、メディアに載せて消費者層に届ける。

●「Let」手数料無料の販売支援プログラム
在庫を大量に抱えてしまった事業者を対象に、手数料無料で自社の在庫を簡単に出品できる応援プログラムの事前登録を開始。初期費用・月額利用料・販売手数料・決済手数料を無料化し、最短1分ですぐに販売できる仕組みを提供すべく、8月21日より登録を受け付けている。

今まで情報を発信したくてもできなかった、在庫をさばきたい、販売チャネルを増やしたい、そうした農業者は検討してみてはいかがだろうか。ピンチをチャンスに変える両社の取り組みは、農業者の強い味方になるだろう。

農業の未来を培うウェブメディア TSUCHIKAU(ツチカウ):日本の農業の未来を考え、農業従事者の存在や取り組みを知ってもらうことを目的としたウェブメディア。生きていく上で避けては通れない農と食、環境問題等に関して情報を提供し、農業に関する有益な知識を培うサイトを目指している。

マーケットプレイス「Let(レット)」:余った在庫、型落ち品、使わなかった新古品、処分したい中古品など「訳あり品」を売買できるアウトレットアプリ。アプリをダウンロードして最短1分で訳あり品を販売することができる。初期費用・月額無料。

ツチカウ「無料情報発信依頼フォーム」はこちら
Let「販売支援プログラム」登録フォームはこちら

未来の農業を培うメディア「ツチカウ」
マーケットプレイス「 Let(レット)」