「スマート農業とちぎ推進フェア」開催

2021/03/03

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

栃木県は、ICTやロボット技術などの先進技術を活用した「スマート農業」の啓発・普及を図るため、「スマート農業とちぎ推進フェア 2020」をオンラインで開催中だ。

栃木県 スマート農業 スマート農業とちぎ推進フェア 2020同フェアは、農業者や農業を志す若者などを対象に、県内外で実施されている「スマート農業」の取り組みの紹介や関係者の相互交流などを目的としたもの。

フェアには、農林水産省で実施しているスマート農業実証プロジェクトの成果報告や、県と宇都宮大学の連携により開発中の「にら出荷調整機」の紹介、スマート農業関連製品やサービスを提供している27社が出展している。

動画で紹介されている事例は以下の通り。

・令和元年度スマート農業実証プロジェクト 水田作の実証成果(中間報告)について(農林水産省 技術会議事務局 研究推進課)
・にら出荷調整機の開発について(宇都宮大学 REAL所長 尾崎 功一教授)
・次世代閉鎖型搾乳牛舎とロボット、ICTによる省力化スマート酪農生産の実証について(宇都宮大学農学部農業環境工学科 池口 厚男教授)
・地下かんがいシステムの実証について(県農政部農地整備課)

栃木県の「スマート農業」についての取り組みや、企業や研究機関の製品・研究など知ることができるので、スマート農業で何ができるのか、自身の農業に役立つスマート農業関連製品はあるか、など情報を収集できる。興味のある方はチェックしてみては。

【フェア概要】
開催日時:2月13日(土)より約1年間程度
開催場所:オンライン開催
参加費:無料
主催:栃木県、栃木県農業再生協議会

スマート農業とちぎ推進フェア 2020
栃木県
栃木県農業再生協議会