ドローンやリモコン草刈機の実演も「京都スマート農業祭2020」開催

2020/10/29

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

京都府と(一社)京都府農業会議、近畿農政局は11月13、14日に、ドローンやリモコン草刈機など最新のスマート技術を府内の農林漁業者に発信する展示相談会「京都スマート農業祭(まつり)2020」を京都府農林水産技術センター農林センターで開催する。府内外の41企業と団体が出展し、ブース展示に加えてドローンやリモート草刈機の実演を行うなど最新の技術を紹介する。

参加企業の展示品は、ドローン、スマート農機、農業用ロボット、IoT技術を導入した施設園芸用環境制御システム、営農管理システム、水田センサー、ICTを活用した鳥獣害対策、畜産モニタリングシステムなど多岐にわたる。実際にドローンやリモコン草刈機などの実演や、園芸施設内環境測定等の機器の遠隔操作体験など、実演や体験もできるブースもあるので、気になる製品やシステムを体験してみてはいかがだろうか。

また、京都府の研究機関、他府県でのスマート技術の取り組みに関する講演会も実施される。「京都府内のスマート技術での見える化の取組について」をテーマとする講演では、農林水産技術センター農林センター園芸部技師の日浦雄氏が講演。また、「AI収穫ロボットの開発と今後の可能性」については、AGRIST取締役の高橋慶彦氏が講演する。

この他、経営相談コーナーでは、スマート機器・技術の導入や経営改善について専門家のアドバイスが受けられるので、疑問点などを聞けるいい機会となるだろう。

参加費は無料で事前申込は不要だが、講演については事前の申込(11月11日(水)16時まで)が必要となるので、講演会に参加されたい方は、事前申込を行うこと。

【京都スマート農業祭2020概要】
開催日時:11月13日(金)13:00~16:00
11月14日(土)10:30~15:30
開催場所:京都府農林水産技術センター農林センター(亀岡市余部町和久成9)
内容:IoTやドローン等を活用した最新のスマート技術の展示・実演、経営相談コーナー
※参加費無料、事前申込不要

■講演会について
講演会:11月14日(土)10:30~12:00
講演①演題:京都府内のスマート技術での見える化の取組について
講演② 演題:AI収穫ロボットの開発と今後の可能性
会場:京都府農林水産技術センター農林センター講堂
申込方法:FAX(075-417-6870(一社)京都府農業会議)、または送信フォーム(http://tinyurl.com/y6dcb6ea)から、代表者名・人数・参加希望の講演番号を記載の上、申し込む。
※当日会場内にリモート会場を設置、リアルタイムオンライン配信予定。

京都府「京都スマート農業祭(まつり)2020」リリース
京都府
(一社)京都府農業会議
近畿農政局