学生対象に体験イベント おてつたび×食べチョク

2022/04/07

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

農業バイトと旅を掛け合わせたマッチングサイト「おてつたび」を運営するおてつたびと産直通販サイト「食べチョク」を運営するビビッドガーデンは、食べチョクに登録する生産者と農業に興味のある学生をマッチングして農業の魅力を発信するキャラバン方式の農業体験イベント「食べチョクおてつたび」をスタートした。4月から2023年3月にかけて1年を通して全国で展開する。

おてつたび 食べチョク 農業体験 学生と生産者 農業の魅力発信コンソーシアム
「食べチョクおてつたび」は、両社が参画する「農業の魅力発信コンソーシアム」の活動の一環で実施する学生向けの農業体験イベント。収穫作業や梱包作業、発送作業など食べチョクに登録する全国の生産者の仕事を体験してもらいながら農業の魅力を伝えるのが目的で、2022年3月23日・28日に千葉県我孫子市で実施した企画では、各回3名の学生が茎ブロッコリーの収穫作業や梱包作業、発送作業等を体験した。

おてつたび 食べチョク 農業体験 学生と生産者 農業の魅力発信コンソーシアム

おてつたび 食べチョク 農業体験 学生と生産者 農業の魅力発信コンソーシアム

第一弾のイベントでの様子。千葉県我孫子市の野菜生産者「ベジLIFE!!」で、3月23日、28日の各日に学生3名が参加し、茎ブロッコリーの収穫や種付け、食べチョクの梱包・発送作業などを経験した。

ちなみに「農業の魅力発信コンソーシアム」は、農林水産省の補助事業「農業の魅力発信事業」を活用し、食べチョクやおてつたびなど、農業者と生活者の接点となる企業7社が集結し設立したもので、ロールモデルとなる農業経営者(生産者)たちと参加者が農業に関わるプロジェクトを協働で企画するオンラインイベントや、学生の農業を経験するイベント「食べチョクおてつたび」などを通じて「職業としての農業の魅力」を発信していく。

4月7日現在、決定しているイベントは、佐賀県藤津郡太良町の「A-noker(ええのうかー)」、佐賀県伊万里市の「素ヱコ農園」、石川県能美市の「有限会社たけもと農場」、沖縄県国頭郡東村の「沖縄ゴールデンマンゴーファーム」の4件。今後も来年3月まで全国で継続的に開催する予定で、両社は、「食べチョクおてつだび」の実施を通じ、職業としての農業の魅力を発信することで、農業にチャレンジする人や関わる人を増やしていきたい考えだ。

おてつたび
食べチョク
【参照】農業の魅力発信コンソーシアム