ユーグレナ 佐賀市に研究用農地を開設

2021/04/27

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする
ユーグレナ 佐賀市 サステナブルテック・ファーム 肥料

「サステナブルテック・ファーム」の様子。

ユーグレナは4月26日に佐賀市に「サステナブルテック・ファーム」を開設した。これまで発表してきた液体肥料、培養土に続き、肥料の研究を推進し、微細藻類ユーグレナを介した資源循環型農業の実現を目指す。

同社は、佐賀市において、佐賀市などとの共同研究事業「B-DASHプロジェクト」(国土交通省の下水道革新的技術実証事業」を推進し、佐賀市下水浄化センターより提供される下水中の未利用資源を活用した微細藻類ユーグレナの培養研究を行ってきた。

ユーグレナ 佐賀市 サステナブルテック・ファーム 肥料

「サステナブルテック・ファーム」のコンセプトイメージ。

「サステナブルテック・ファーム」は、同事業の成果をベースに培養した微細藻類ユーグレナを原料として肥料をつくり、それを農作物生育に活用することで、微細藻類ユーグレナを介した資源循環型農業の実現を目指す研究用農地となる。なお、農作物生育は佐賀市内の農家の協力のもと進めていく。

同社は、これまで農業分野において、小橋工業と共同で肥料や培養土の開発に取り組んできたが、今後、「サステナブルテック・ファーム」において、引き続き小橋工業と開発中の肥料の評価検証等をすすめていく。
※ユーグレナと小橋工業で「ユーグレナの培養土」としてテスト販売中。

「サステナブルテック・ファーム」は、佐賀県佐賀市西与賀町大字高太郎に2,000㎡を有し、栽培品目は基礎実験段階ではコマツナやホウレンソウ、発展段階では作物の機能性を評価することのできる唐辛子やカラハリスイカなどを予定している。

ユーグレナニュースリリース
ユーグレナ