茶葉生産情報管理サービスをスタート 農業支援サービス「Agrion」とカワサキ機工

2020/08/20

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

ライブリッツとカワサキ機工は、茶葉の生産情報管理システム「カワサキスマートコネクト」を開発し、8月1日より提供を開始した。

「カワサキスマートコネクト」は、ライブリッツが提供する農業支援クラウドサービス「Agrion」を介して、カワサキ機工の茶工場生産管理システムである「データキーパー」と茶園で使用される摘採機等の機械を連携させたもの。


「カワサキスマートコネクト」の導入で改善が見込まれる茶工場の生産管理体制。

同サービスを利用すれば、農薬散布量や茶の刈り取り高さ、作業時間などの生産データを防除機、摘採機から自動で取得するので、生産者は工場提出用に転記の必要がなく、工場担当者はパソコンに入力の作業がなくなり手間を減らせ、入力ミスもなくすことができる。正確にトレーサビリティーデータの提出ができるのだ。

「Agrion」のスマートフォンアプリ「農業日誌」を使えば手作業の記録も登録管理できるため、農機と合わせて生産に関わる詳細な作業データを一括して「データキーパー」に送信できる。

両社は、本サービス連携を皮切りに、機械のメンテナンス性向上や茶葉生産者のGAP取得支援など農作物の生産現場に役立つソリューションを開発していく予定だ。

ライブリッツは、農業生産者向けのクラウド型経営支援サービス「Agrion」を提供する企業。「Agrion」は、農薬の使用状況や作業履歴、圃場の状態など農業生産に係わるデータをスマートフォンアプリやウェブ上に一元管理できる。

カワサキ機工は、静岡県島田市に本拠を構える製茶プラントメーカー。茶工場生産管理システムである「データキーパー」ほか、荒茶加工設備、茶葉収穫機や防除機などの茶園管理機械など茶生産全般に関わる設備の開発・製造・販売を手掛ける。

ライブリッツ
※Agrionに関する問い合わせはこちら
カワサキ機工
※カワサキスマートコネクトに関しては最寄りのカワサキ機工営業所まで