トマトの機能性成分 エスクレオサイドA動画でPR

2021/04/28

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

熊本県経済農業協同組合連合会(以下JA熊本経済連)は、トマトの機能成分「エスクレオサイドA」を活用したトマト・ミニトマトの単価向上と消費拡大に向け公式YouTube「ほんなこつな!?チャンネル」にて動画配信を行う。

JA熊本経済連 トマト 機能性 エスクレオサイドA 動脈硬化の抑制効果

JA熊本経済連が開設したトマトの機能成分「エスクレオサイドA」を紹介する公式Youtube「ほんなこつな!?チャンネル」。

トマトの有効成分と聞くと「リコピン」が頭に浮かぶ人が多いかと思う。今回動画で紹介される「エスクレオサイドA」は、2003年に熊本大学薬学部・野原稔弘名誉教授と藤原章雄氏(現生命科学研究部講師)によって発見され、その後、同医学部(現東海大学農学部・永井竜児教授)との共同研究によって世界で初めて動脈硬化の抑制効果が確認された、新しい機能成分だ。

「エスクレオサイドA」とは、サポニンの一種で、コレステロールの吸収を抑制し、血管に脂肪をつきにくくする働きがある。血管の内側に脂質がたまってくると、脂質のこぶができ、血流を邪魔してしまう。そこで、この「エスクレオサイドA」が過剰なコレステロールの蓄積を防ぎ、健康的な若々しい血管の維持ができるといわれている。「エスクレオサイドA」はトマト内の成分で、リコピンの約6倍もの含有量がある。熱に弱いので、生食で食べるのが最適だが、ネッスル際は、トマトを80℃以下、80℃を超える場合は10分以内で調理することで、その成分が保たれる。

JA熊本経済連 トマト 機能性 エスクレオサイドA 動脈硬化の抑制効果

「ほんなこつな!?チャンネル」の出演者。

JA熊本経済連では、その「エスクレオサイドA」を活用したトマト・ミニトマトの単価向上と消費拡大に向け、東海大学・永井竜児教授を中心に、スザンヌさん、ばってん城次さん、水上清乃さんが番組「トマト博士の新常識 ほんなこつな!?チャンネル」の動画にて、「エスクレオサイドA」について紹介する。

JA熊本経済連 トマト 機能性 エスクレオサイドA 動脈硬化の抑制効果

「エスクレオサイドA」の紹介や簡単な料理レシピ、生産者紹介など、トマトの魅力を紹介する。

機能性の紹介から簡単な料理レシピ、生産者の紹介など動画は3月11日から配信をスタートさせており、5月20日までの毎週木曜日に配信予定だ(全11話)。

YouTube「ほんなこつな!?チャンネル」
エスクレオサイドA特設ページ
JA熊本経済連