地産地消支援サービス「ロカスタ」をリリース

2022/01/11

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

ごみ・環境政策運営、子育て支援、防災対策などに関する自治体向けの業務支援等を行うG-Placeは、地元で生産されたものを地元で消費する「地産地消」を推進・支援する仕組みとして、農林水産業・飲食店・地産地消支援サービス「ロカスタ」の提供を開始した。

ロカスタ 地産地消 支援サービス G-Place 地域活性

「ロカスタ」の直売所検索。

「ロカスタ」は、同社が東京都練馬区と共同で開発した練馬区限定の地産地消アプリ「とれたてねりま」をベースにしたサービス。農林水産業・飲食店と地産地消に関心のある住民をつなぐツールで、直売所や地産地消商品等の情報をタイムリーにPRすることができ、地域振興施策・コロナ禍における農林水産業・飲食店売上支援対策にも活用できる。

ロカスタ 地産地消 支援サービス G-Place 地域活性

「ロカスタ」お気に入り登録。

ロカスタ 地産地消 支援サービス G-Place 地域活性

「ロカスタ」イベント一覧および詳細画面。

利用者は「ロカスタ」を通じて気になる情報を一目で確認し、たとえば直売所やマルシェなど販売店までのルート案内してくれる。

事業者は即来店に促すことが可能となり、また、利用者は生活圏内の必要な情報を簡単に調べることができる等、多方面にさまざまなメリットがある。

農林水産省が令和2年3月に発表した「食料・農業・農村基本計画」によると、食料自給率を上げるための課題への取り組みとして、地産地消は重要な施策のひとつであると位置づけている。同社は、「ロカスタ」の提供を通じ、地元で生産された農産物を地元で消費する地産地消を推進・支援することで、日本の食料自給率の向上や地域振興に貢献したい考えだ。

G-Placeプレスリリース
G-Place
【参照】東京都練馬区・アプリ「とれたてねりま」をご活用ください