イチゴ(太陽光型)研修会を開催 植物工場研究会

2022/01/11

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

NPO植物工場研究会は2月9日~15日、2021年度植物工場研修No.17「栽培作物別研修【イチゴ】(太陽光型)」をWebとオンデマンド配信で開催する。

イチゴ栽培 NPO植物工場研究会 研修会 植物工場

※写真はイメージです。

イチゴは、その形態的・生理的特徴から、太陽光型・人工光型植物工場での作目拡大という点で、注目すべき作物だが、その形態的・生理的特性や繁殖法は野菜の中でもやや特異で、培養液管理や環境制御をその特性に合わせて考える必要がある。

同講座では、太陽光型植物工場でのイチゴの生産技術全般を、植物的な特性、基本的な植物生理、環境や養水分の管理法などの理論を通じて学ぶ。

太陽光型植物工場でイチゴ栽培を行うための基本の技術や背景となる理論、植物の特性を、講義や映像で理解し、栽培管理に応用できる人材を育成するものとなる。

イチゴ栽培 NPO植物工場研究会 研修会 植物工場

講座の概要。(出典:NPO植物工場研究会)
※クリックして拡大

講座は7日間に渡って行われ、講座内容は「そもそもイチゴとは」、「イチゴの育種と栽培:過去、現在、未来」、「植物生理の基礎」、「施設環境制御の基礎」、「養液栽培の基礎」、「楽して儲けるイチゴ栽培」、「イチゴ生産(苗作りから収穫まで)を動画で学ぶ」、「トマト栽培が得意な研究員からみたイチゴの苗管理」、「質疑応答」になる。

Webとオンデマンドの研修会となるので、全国どこからでも参加が可能だ。これからイチゴ栽培を始めたい生産者、もっとイチゴについて学びたいイチゴ生産者など、興味のある方は参加してみては。

【開催概要】
開催(視聴)日時:2月9日(水)10:00~2月15日(火)17:00
※視聴期間内はWebで視聴可
※2月15日14:00~15:00は、質疑応答をZOOMで開催
※視聴期間内にダウンロード可能な講義資料あり
費用:一般3万6000円/人、植物工場研究会会員2万9000円/人、再受講1万78000円/人
※いずれも消費税、教材費等込
※再受講とは、2020年度に同研究(研修No3)受講終了者を対象
受講対象:植物工場事業に興味を持ち、真剣に事業参入を考えている生産者、個人、企業の方。初級者対象
応募締切:2月8日13:00
内容:
講義1:そもそもイチゴとは」塚越 覚(千葉大学)
講義2:イチゴの育種と栽培:過去,現在,未来」石原 良行(三菱ケミカルアクア・ソリューションズ株式会社)
講義3:植物生理の基礎」塚越 覚(千葉大学)
講義4:「施設環境制御の基礎」丸尾 達(植物工場研究会/元千葉大学)
講義5:「養液栽培の基礎」塚越 覚(千葉大学)
講義 6「楽して儲けるイチゴ栽培」三倉 直己(三倉農園)※解説 丸尾達
講義7:「イチゴ生産(苗作りから収穫まで)を動画で学ぶ」谷中 正幸(株式会社谷中農園)
講義8:「トマト栽培が得意な研究員からみたイチゴの苗管理」礒﨑 真英(農研機構)
詳細や申込方法等はこちら

【研修No.17】〈Web・オンデマンド配信型〉栽培作物別研修【イチゴ】(太陽光型)
NPO植物工場研究会