えひめバーチャル展示会 農業技術展、ネットで商談機会を創出

2020/08/06

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする


新型コロナウイルス感染症の影響を受け失われた商談機会を創出するため愛媛県は、インターネットで県内の優れた製品・技術を持つ企業10社の製品やサービスを紹介する「えひめバーチャル展示会 農業技術展」をプレオープンした。資料の閲覧のほか、各社へ見積りやオンライン商談の依頼などがサイトでできる。7月31日よりプレオープンし、8月末よりグランドオープンの予定。

参加企業は、以下の10社。
・アテックス(農業生産用機械および機器、運搬用機械など)
・井関農機(農業用整地機械、栽培機械、収穫調整機械、農業関連機械)
・インプット(農業POSシステムの販売、ソフトウェア開発)
・NPシステム開発(農業向けIoTデバイス・センサー、環境モニタリングクラウドシステム)
・オーエムアイ(地理情報システムの開発、農業業務の支援など)
・TMトミオカ(テント製造・販売、レンタルリース、サイン製作・施工)
・PLANT DATA(植物生体情報の計測・解析・活用に関するサービスの提供)
・ベルグアース(野菜苗の生産・販売、閉鎖型苗生産システムの開発など)
・ミヤモトオレンジガーデン(ミカン・柑橘類の生産・販売、加工品の開発・製造・販売)
・横崎製作所(農産物および水産物用の選別機の開発・製造・販売)

えひめバーチャル展示会(EHIME VIRTUAL EXHBITION)農業技術展