規格外品の果物をジェラートに、生産者募集

2021/06/07

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

日本丸天醤油 YASASHIKU Gelato 規格外果物 SDGs サステナブル フードロス削減日本丸天醤油は、環境の日に先駆け、キズや形の不揃いで市場に卸せないくだものを適正価格で買い取り、同社の甘酒の自然な甘みを活かし、不揃いのくだものを用いた着色料・乳化剤完全不使用のサステナブルスイーツ、「YASASHIKU Gelato(やさしく ジェラート)」の商品として開発・販売し、農家と食品メーカーを結び、フードロスゼロを目指す「やさしいくだものプロジェクト」を開始する。そこで、同プロジェクトにくだものを提供するパートナー(生産者)を募集する。

日本丸天醤油 YASASHIKU Gelato 規格外果物 SDGs サステナブル フードロス削減

甘酒の自然の甘味を活かし、着色料や乳化剤を一切使用しないジェラート「YASASHIKU Gelato」。

「YASASHIKU Gelato」は、創業200年以上の歴史を誇る日本丸天醤油の代表的な商品である淡口醤油を作る際に生まれる甘酒の自然の甘味を活かし、着色料や乳化剤を一切使用しないジェラート。本来、農家がそのまま出荷できない形やサイズが規格外品である果物を買い取り、使用することで、廃棄や在庫処分といったロスの多い仕事である農家の存続を支援する。

素材の良さを最大限に伝えるため、材料は必要最低限とし、着色料や乳化剤を一切使用しないことで、食べる人のカラダへの「やさしさ」を実現した。生産者から生活者まで、「YASASHIKU」の名の通り、関わる人の全てが幸せになれる、これからの時代を見据えたサステナブルなスイーツ。

日本丸天醤油 YASASHIKU Gelato 規格外果物 SDGs サステナブル フードロス削減同プロジェクトは、いびつな形や規格外のサイズで市場に卸すことができない“不揃いのくだもの”を募集し、農家から応募された“不揃いのくだもの”を日本丸天醤油が派遣する目利きによって審査し、審査を通過したものは、商談後、必要数買い取りをし「YASASHIKU Gelato」の新フレーバーを開発し、新商品として販売するというもの。廃棄されるはずだった“不揃いのくだもの”を商品化することで、農家の収益にもつながる、フードロス削減を目指すプラットフォームだ。また、新商品をプロモーションする際に、商品とあわせて農園や生産者様の名前も出し、農家を応援する。
●「やさしいくだものプロジェクト」応募や概要はこちら

日本丸天醤油 YASASHIKU Gelato 規格外果物 SDGs サステナブル フードロス削減現在、日本では、年間2,531万トンの食品が廃棄されている。このうち、まだ食べられるのに廃棄される食品は600万トン。同社は少しでも地球環境負荷の軽減に寄与するだけでなく、廃棄物となるくだものを有効活用することで、コロナ禍の農家の収益にも貢献し、誰にでもやさしく暮らしやすい世界を目指す。

やさしいくだものプロジェクト
YASASHIKU Gelatoブランドサイト
日本丸天醤油