トマト用自動潅水システム「うるおい力持ち」 山本電機 収量UP・高糖度栽培を実現

2022/06/08

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

地元静岡県牧之原市を中心に、電子制御技術を活かし農業、工業の省力化・高収穫化を目指す山本電機は、トマト栽培において重要な灌水をトマトの株の重量に応じて自動潅水するシステム「うるおい力持ち」を開発・販売している。

トマト 自動潅水システム うるおい力持ち 山本電機 スマート農業 水耕栽培

自動潅水システム「うるおい力持ち」。

「うるおい力持ち」は、トマト栽培において重要な潅水をトマトの株の重量に応じて自動潅水するシステム。代表の1株を重量センサーで計測し、重量の増減に合わせて最適な潅水時間と量、タイミングで潅水することができる。

トマト 自動潅水システム うるおい力持ち 山本電機 スマート農業 水耕栽培

制御盤はタッチパネルを採用しているので、簡単に植物の状態を確認できる。

要となる制御盤は、重量センサーで計測した重量データを基に潅水を制御。温度・湿度・CO2濃度・ECなどのセンサーからのデータも取り込むことで、より精密で高度な潅水が可能。また、無線機器を取り付けることで、PC・スマホで栽培状況の確認や遠隔操作が可能になる。

トマト 自動潅水システム うるおい力持ち 山本電機 スマート農業 水耕栽培

マットスイッチ。重量が変化する作業「摘芯・はかき・収穫など」はマットスイッチに乗りながら行うと、自動で重量補正を行い、変化後の重量にあった潅水をすることができる。

また、重量センサーで継続的に計測しているため、重量が変化する作業「摘芯・はかき・収穫など」はマットスイッチに乗りながら行うことで、重量が変わっても自動で重量補正を行い、変化後の重量にあった潅水をすることができる。

タッチパネルを採用したことで、植物の状態を「見える化」しており、1日グラフ、1週間グラフ、1月グラフを簡単に確認できる。また、給液履歴と前回の給液時間、実際の給液量など詳細なデータを記録・保存しているので、今後の栽培にも活かすデータを蓄積できる。データはSDカードに記録されるので、パソコンなどからも確認できる。

1系統仕様と4系統仕様の2製品があり、4系統仕様では系統ごとに個別に給液設定ができる。系統ごとに育成期間をずらしての栽培や品種ごとい設定を変えて栽培することが可能だ。

トマト自体を計測しているため、日射比例での潅水システムよりも精密な潅水が可能であり、トマト栽培での収益UPが目指せるとともに、栽培目的に応じて設定値を変更することができるので、収量UP・高糖度栽培など水分ストレスをコントロールして生産者が目指すトマト栽培が実現できる。

【製品仕様】
製品名:うるおい力持ち
制御系統:1系統(YOMAV-191G)、4系統(VOMAV-194G)
電源:AC100V/200V(50/60Hz共用)
付属品:
1系統:重量センサー1個、マットスイッチ1個
4系統:重量センサー4個、マットスイッチ4個
必要機器:牽引用ポットなど

山本電機