NTTイードローン「AC101」東日本でデモ

2021/03/02

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

NTTイードローン 農薬散布ドローン AC101ドローンの販売や産業向けソリューションを展開するSkyLink Japanは、e-Drone Technology(以下NTTイードローン)が展開する国産農業用ドローン「AC101」のデモフライトの第2弾を東日本で開催する。

NTTイードローン 農薬散布ドローン AC101

西日本で行われたデモフライトの様子。

西日本で行われた第1弾の「AC101」のデモフライトでは、「農業用のドローンについては知識がほとんどありませんでしたので、大変勉強になりました。個人では運用していくのは難しいと感じていたので、チームで仕事をする方を探す上でもとてもいい機会になりました。」(40代女性)、「デモフライトを楽しみに来ました。ドローンについて少し分かるようになっただけに、もっと性能や機種を見てみたいと思いました。またイベントなど開催する機会があれば、ぜひ参加したいです。」(50代男性)という感想があったという。

実際の飛行を披露することで、カタログスペックだけでは伝えきれない同ドローンの魅力伝えることができたとした。

第2弾でも農作物の生産地として中心的な役割を担う東日本の各地域で、デモフライトを通して農業とドローンをつなげることを目指し、地域経済及び産業の活性化に資するドローンの社会実装を推進していく。

NTTイードローン 農薬散布ドローン AC101

デモフライト・実施スケジュール(予定)。

3月12日から行われる東日本でのデモフライトでは、一部エリアで、日本トップクラスの散布実績を誇るRave Project代表 請川 博一氏による製品説明や、女性だけで構成された請負散布チーム「ママミーアキャット」によるデモフライトも予定している。農薬散布用ドローンの導入などを検討する農家へ情報を発信する。

NTTイードローン 農薬散布ドローン AC101デモフライトで使用される「AC101」は、NTTイードローンが展開する農業用ドローン。「軽量」「コンパクト」「低燃費」の3つをコンセプトにかかげ、日本の農業の現場に基づいて開発された。機体重量は約7kg、軽トラックにも楽に積載できる設計で扱いやすさに優れる。1バッテリーで最大2.5ha散布可能な低燃費、早朝の作業でも見やすいタンクやバッテリー装着方法など、細やかな配慮がされた機体だ。

【主な仕様】
サイズ:935×935×676mm(アーム展開時)/ 611×560×676mm(アーム折りたたみ時)
重量:7.3kg(バッテリー除く)
最大離陸重量:20kg
散布速度:15km/h、20km/h(GPS制御時)
タンク容量:最大積載量 8L

デモフライトは、参加費無料で事前申込制。なお、天候や、新型コロナウイルス感染症拡大状況などにより変更または、中止となる場合があるので、詳細内容はAC101特設サイトを確認すること。
詳細や申込方法などはこちら

【参照】

NTTイードローンについて
NTT e-Drone Technology(NTTイードローン)は、NTT東日本、オプティム、WorldLink&Company(SkyLink Japan)の三社が設立した合弁会社で、2021年2月1日から事業開始。エンルート社から一部事業譲渡を受け、国産農業用ドローン「AC101」を提供している。ドローン機体の販売だけでなく、全国の販売代理店と提携しながら、ライセンスの取得、修理・メンテナンス、アフターサポートなど万全の体制でユーザーの運用をバックアップする。

AC101特設サイト(詳細・申込先)
NTTイードローン設立に関するプレスリリース