「レイミーのAI病害虫雑草診断」対象作物を拡大

2021/01/12

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

日本農薬は、2020年4月より配信しているスマートフォン用アプリ「レイミーのAI病害虫雑草診断」の診断対象作物を拡大した。既存の水稲に加え、キャベツ、ハクサイ、レタス、ブロッコリー、ネギを追加した。

日本農薬 レイミーのAI病害虫雑草診断 AI診断 雑草 病害虫

※クリックして拡大。

「レイミーのAI病害虫雑草診断」は、同社とNTTデータCCSが共同で開発したアプリで、カメラで撮影した作物や圃場に発生する病害虫や雑草を写真からAIで診断。どのような病害虫・雑草か診断し、AIの自信度が高い順に診断結果を表示し、診断結果にもとづき、防除に有効な薬剤の一覧を表示する防除支援ツールだ。2020年4月から水稲版がリリースされていたが、2021年1月から、キャベツ、ハクサイ、レタス、ブロッコリー、ネギが追加された。

日本農薬 レイミーのAI病害虫雑草診断 AI診断 雑草 病害虫

対応作物は、水稲、キャベツ、ハクサイ、レタス、ブロッコリー、ネギ。

また同時に新機能として、診断履歴を航空写真の地図上に表示する機能「診断地歴保存機能」や、最大5枚までの写真を同時にAI診断する機能なども実装した。すでに同アプリをダウンロードしていれば、最新バージョンにアップデートすることで、新機能を利用できる。

日本農薬 レイミーのAI病害虫雑草診断 AI診断 雑草 病害虫「診断履歴保存機能」は、たとえば同じ圃場内でも場所によって雑草の種類が異なるケースや圃場が点在している場合など、撮影後にじっくり診断、確認できたり、次の作の際の参考にもなる便利な機能だ。

拡大した作物に対応する農薬に関しては、同社製品に加え、スマート農業の普及のために連携している日産化学、日本曹達、三井化学アグロの3社が販売する製品の情報を提供する。

同アプリはiOS、Android対応で、ダウンロード、利用料無料(通信料を除く)。

自分の目で雑草の種類を判別して薬剤を決定するには、経験が必要となるが、同アプリならばAIが判断してくれるので、新規就農者や経験の浅い生産者には強い味方となってくれるだろう。また、AI診断だけでなく、自分で撮影した雑草を診断できる「カルテ式診断機能」もあるので、撮影した写真と病害虫・雑草ミニ図鑑の写真を比較しながら自分で診断もできる。雑草の判断に自信がないときにも、有効な判断材料となってくれるお助けツールだ。

スマートフォン用アプリ レイミーのAI病害虫雑草診断
日本農薬
【参照】写真から病害虫雑草を診断 「レイミーのAI病害虫雑草診断(水稲版)」