ゴムの伸縮機能を利用した低価格のアシストスーツ予約販売開始 ダイヤ工業

2020/09/15

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

運動器のサポーティングシステムメーカー、ダイヤ工業は清水建設と共同で医療用サポーターの技術を応用した汎用性の高いアシストスーツ「ワーキングアシストAS」を共同開発し、9月より予約販売を開始した。販売価格は33,000円(税込)。

ダイヤ工業 ワーキングアシストAS

土砂をすくい上げる際に背面と肩腕の生地が収縮しアシスト力を発揮。

「ワーキングアシストAS」は、人力での掘削作業の負荷軽減を図るために開発されたアシストスーツ。作業員が前かがみの掘削姿勢を採りスコップで土砂をすくおうとすると背面の生地と肩腕ベルトが伸び、逆に土砂をすくい上げる際には両方の生地が縮もうとするのでアシスト力を発揮するというもの。また、腰回りのベルトは腰を固定できる骨盤コルセット機能も備えており、作業姿勢を安定させ、腰痛の発生を防ぐ。

ダイヤ工業の実験施設R&Dセンターにおいて実施したアシスト効果の計測試験では、掘削動作の中で特に筋肉の負担(筋負担)がかかるとされる、すくった土砂の投げ出し動作において脊柱起立筋の筋負担を10%程度軽減した。この数値計測には、筋線維から発生する微弱な電流を計測することで筋肉の使用程度を可視化できる筋電計と、被験者の動作を3次元で計測しパソコン上で動作解析を行う計測機器を用いた。

ダイヤ工業 ワーキングアシストAS

農作業の負担軽減にも使える。

掘削作業だけでなく、両腕で行う重量物の持ち運び作業の負荷も軽減するため、農業や宅配、介護等の現場でも使える。

ダイヤ工業 ワーキングアシストAS

スーツのパーツ・構造。

「ワーキングアシストAS」は、ベスト型で、胸回りと腰回りのベルトを締めるだけで着用できる。重量は電動タイプの8分の1の約500グラムと軽量。アシスト機能を発揮する部位は、ゴム製のベスト背面の生地と、利き腕の肩と反対の二の腕を背面で結ぶ肩腕ゴムベルトが作用する。また、熱中症予防のため、全体をメッシュ素材とすることで通気性を高め、脇下にはアイシングセルを入れる保冷剤ポケットが付いている。

共同開発にあたっては、清水建設が要求仕様の設定、試作品を用いた使い勝手等の確認。、ダイヤ工業は設計、試作、筋負担の軽減効果の検証を担当した。

農作業は力仕事が多く、重い荷物の上げ下ろしや、前かがみや中腰姿勢を継続する作業が多く、腰痛に悩む人が多いという。手にしやすい価格の「ワーキングアシストAS」で農作業の負担を軽減してみては。

【ワーキングアシストAS】
基本仕様:ベスト1着、肩腕ベルト2本のセット
カラー:ブラック
サイズ:M/L/XL
価格:33,000円(税込)
※アイシングセルは別売
問い合わせ:ダイヤ工業新市場開拓部門☎086-282-1217
E-mail:info@daiyak.co.jp

ダイヤ工業