ブロッコリーの花蕾解析機能のサービス提供開始

2021/05/27

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

スカイマティクスは、5月26日より葉色解析サービス「いろは」(以下「いろは」)にブロッコリーを対象とした解析機能を新たに実装し、提供を開始したと発表した。

生育が進み過ぎると商品価値が下がってしまうブロッコリーの生産において、収穫適期を見極めることは非常に重要な要素。そのため、これまでブロッコリーの生産現場では、生産者が農地を歩きながら花蕾の生育を確認し、収穫のタイミングを判断していた。しかし、農地が広ければその分だけ確認に時間を要し、また人の目による確認作業は体力的にも大きな負担となっている。

この度、そうしたブロッコリー生産者からの悩みに「いろは」の技術で貢献したいという強い想いから、生産者が収穫適期の見極めを正確に、そして、効率的に行うことができる新たな追加機能として、ドローン画像とAI解析技術による「ブロッコリー花蕾診断」を開発・実装した。

■「ブロッコリーの生育診断」について

「ブロッコリー生育診断」は、ユーザーがドローンで農地の画像を撮影して「いろは」にアップロード。「いろは」にて、10~15cm程度という大きさの「花蕾」をAIを用いて認識・抽出し、サイズを計測し、サイズ別に集計。こうして解析された花蕾サイズ分析データは、ユーザーに数時間で手元に届く仕組み。
スカイマティクス 葉色解析サービス「いろは」 スマート農業 AI 農地の見える化 ドローン

ユーザーは、集計結果を確認して、撮影時点の農地においてどの規格ブロッコリーが何%存在するかを把握できる。

同社は、2019年よりドローン画像を用いたブロッコリーの花蕾抽出技術、及び花蕾のサイズ判定技術の開発に取り組んでおり、収集したブロッコリー画像データは数万点に上る。今日においても全国のブロッコリー畑においてデータ収集を継続しており、日々解析精度の向上に努めているという。

今後、ブロッコリーの生産現場においては一斉収穫を前提とした機械収穫体系の導入が進んでいくと言われており、農地内の収穫適期の判断がより一層重要となってくる。同社では、ドローン×画像解析技術により、ブロッコリー生産者様の収穫適期の判断の支援を行っていく。

「いろは」では、今回の新機能をお試しできるトライアルを用意。1,000円/月の従量課金プランに申し込めば、初回の解析と代行撮影を無料で提供する。この機会にトライアルを利用してみては。

【参照】葉色解析サービス「いろは」
葉色解析サービス「いろは」は、ドローンで撮影した画像をAIで解析し、DSM(高低差マップ)、雑草、葉色、欠株、生育、収量、NDVI(正規化植生指標)といった解析を行い、生産者にわかりやすい情報に変えて表示するサービス。

現在、対応作物は30品目で今後も対応作物を増やしていく予定。農地の見回り時間を短縮できたり、農地の状態を見える化し蓄積できる、クラウド上で農地の状況をスタッフ間で共有できるなど農地管理をスマート化できる。導入農家、生産法人は300を超えている。

料金は、基本契約1,000円/月+オプション契約「解析機能」となる。また、撮影代行、導入サポート研修など、生産者にあったサービスを提供するオプション契約もある。

葉色解析サービス「いろは」
スカイマティクス