運搬はロボットにお任せ メモリトレース搭載の「サウザーベーシック」を発売

2020/10/09

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

サウザーベーシック移動ロボット機器の製造・販売、ならびに独自開発した移動ロボットの制御技術を提供するDoog(ドーグ)は、今までのガイドレスAGV(無人搬送車)の概念を覆す新機能、メモリトレース(特許出願技術)を搭載した新製品「サウザーベーシック」を10月26日より発売する。

サウザーベーシック

10月26日に発売される「サウザーベーシック」。200万円を切る価格で、誰でも簡単にすぐに使いこなすことができる。

サウザーベーシックの大きなポイントは、「簡単導入」「自由自在」「多様環境対応」をコンセプトに、200万円を切る価格であることと購入してすぐ使いこなせる簡単さだ。

サウザーベーシックの特長の1つは、メモリトレースを搭載したこと。メモリトレースは、教示再生と呼ばれる自律走行技術に分類される同社オリジナル方式であり、地図と経路の構築は作業者が歩くだけで可能。速度や一時停止、外部機器制御などを同時記憶できる。

これはどういうことかというと、自動で走行させたいルート上を人がサウザーベーシックを操作して誘導するとサウザーベーシックが周囲の風景を記憶し、自動走行のためのデータを簡単かつ短時間で作り出し、記憶させた経路を自動走行するということ。これまでのガイドレスAGVのように特別な技術者や管理者も、PCやタブレット等による地図データの編集作業も必要ない。もちろん専用ツールの操作や、ネットワーク設定など特別な知識も必要ない。誰でも自由自在にコースセッティングできるのだ。

次にパッケージ製品としたことで、購入後すぐに使用できるということだ。パッケージ製品として必要なものが一通り付属しているので、毎月の維持管理やサポート費の費用負担もなく、購入したらすぐ使用できるのだ。

基本機能は、本体に搭載されたジョイスティックを操作することで操縦する「手動操縦機能」、追従ボタンを押すだけのワンタッチで人や物を追従する「自動追従機能」、記憶させた経路を自動走行する「メモリトレース機能」の3つ。

サウザーベーシックは2機種あるが、型番と価格の違いは補償内容の違いのみ。とにかく安く購入して現場で試したい方は、RMS-10B1(JP6)(価格:1,980,000円(税別))がお勧め。長期運用が見込まれるため修理の際に修理費の決裁をとるのが面倒な方、センドバックで機体を送るのも面倒という方は、5年間のオンサイト修理が標準で付いてくるRMS-10B1(JP)(価格:2,420,000円(税別))を購入するとよいだろう。

想定利用シーンとしては、作物の収穫時にサウザーベーシックを追従させることで、自由なルートを通って重い作物をたくさん一度に運ぶ運搬ロボットとしての活用。メモリトレース機能を使うことにより、繰り返し作業では、自動で往復して作物を運ぶことで無人運搬をすることができる。

また、農薬散布時に使用すれば、サウザーベーシックに農薬やバッテリーを載せ追従をさせることで、作業者は重い農薬を担ぐことなく、手軽に農薬散布をすることができる。さらに、サウザーベーシックにカメラを搭載し作物の育成観察をすることも可能と、日々変化する作業でさまざまな使い方ができそうだ。

10月21日~23日に開催される第3回名古屋ボデックスにおいて、同社ブースにて実機を見ることができるので、気になる方は立ち寄ってみては。

【諸元】※RMS-10B1(JP6)/RMS-10B1(JP)は補償内容の違いのみで基本性能は同様。
積載重量:最大120kg
航続距離:最大20km
登坂角度:最大9度
段差走破:直角形状段差3cm
走行速度:最高7.5km/h
最小回転半径:0.72m
本体サイズ:幅600mm×長さ750mm×高さ455mm
レーザセンサ:最大検出距離40m、クラス1安全、高さ330mm
バッテリ・充電:鉛蓄電池12V34Ah 2個直列、充電8時
価格:
RMS-10B1(JP6):1,980,000円(税別)
RMS-10B1(JP):2,420,000円(税別)
問い合わせ:Doog

【参考】
現行モデルのサウザーEシリーズとサウザーベーシックの台車フレームやモータは共通のため、駆動力やタイヤの特性、内蔵電池の種類、積載重量、牽引力などの基礎的ないくつかの性能は同一だ。しかし、サウザーベーシックに標準搭載の「メモリトレース」は、サウザーEシリーズに標準搭載の「ライントレース」に置き換わるものではなく、それぞれの特性に合う現場/運用での利用が必要だ。なお、サウザーEシリーズへのメモリトレース機能の搭載も提供準備中だ。搭載予定のメモリトレースでは、視野角360°の長距離センサを現場に合わせた高さに追加することや、システムインテグレータが現場データの確認、ルート設計、運行システムとのネットワーク連携などをすることで、サウザーベーシックを超えるソリューションを実現する。

Doog