農業の相棒ロボット「メカロン」限定発売を開始

2021/10/05

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

協働運搬ロボットサウザーなどを開発・販売しているDoogは、2021年1月に発表した農業向けクローラーロボット「メカロン」のマーケティング機の販売を開始する。マーケティング機では、要望に応じて同社から技術面や運用面のアドバイスやサポートが受けられる。

メカロン Doog 農業向けクローラーロボット スマート農業 運搬

「メカロン」本体外観。

「メカロン」とは、これからの農業の相棒となるロボットとして開発された。高齢化が進む農業を楽しく継続できるようにするツールとして、また、スマート農業の汎用ツールとしてなど、相棒としての役割を担う。

メカロン Doog 農業向けクローラーロボット スマート農業 運搬

「メカロン」のイメージキャラクター。

「メカロン」の特長は、コンパクト・簡単・使い勝手が良いこと。作業者のそばで共に働き、作業者をサポートする。収穫・搬送に特化した大型の農業機械とは異なり、人の後ろを力強くけなげについてくる追従機能により、毎日の農作業に楽しみをもたらし、作業者の相棒として「まるで気の利くサポート役が1人増えた」かのように作業者に寄り添えるロボットとなった。圃場での年間を通じた多様な作業をサポートするロボットとして、メカロンの活用を検討する生産者が多く、ナシやリンゴやモモやブドウなどの果樹栽培で、特に好評を得ている。

特徴としては、クローラーのため柔らかい圃場でも安定走行し、100~200kgを積載して凸凹や斜面を走れる。800mm×600mmの架台には、カゴを載せ収穫物を積載したり、農作業に必要なツール類を載せられる。また、パワーがあるので牽引運搬・作業もOKだ。

「メカロン」は、発案者の農研機構が国内の農業にこれから必要となるロボットとして研究・試作を進めてきた。同社はこの研究成果を農家に届けるため、農研機構との共同研究を通じて「メカロン」の製品化を推進。農業向けのノウハウや改良点を反映することで、同社の従来製品にはない、農業向けの新たな特長を備えるハードウェア・ソフトウェアを確立した。これまでに全国のさまざまな農業現場での試験・検証に取り組んでおり、日本の農業を支える汎用ロボットとなるため、引き続きより良い製品に進化させていくとしている。

マーケティング機は、基本機能である手動操縦機能・自動追従機能のほか、簡単に農地で自動走行ができるメモリトレース機能をサンプル搭載する。また、図面データの提供によって荷台の上を自由にカスタマイズするだけでなく、検証内容に応じて自動走行向けのネットワークインタフェースの提供や、「メカロン」から電源を供給するためのカスタマイズを提供する。マーケティング機は同社直販で250~600万円(税別)。

なお、同社YouTubeチャンネルでは、実際に動く「メカロン」の様子を配信。小さな子供と共に「メカロン」が動き回っている様子や、ナシ農家の収穫作業で「メカロン」が付き添った様子など「メカロン」の使い勝手や簡単さがわかる。
※農業用クローラーロボット ”メカロン” 商品動作イメージ(YouTube)こちら

まもなく開催される「第11回農業Week」では、同社ブースにおいて「メカロン」を含めた展示実演がが予定されているので、興味のある方は足を運んでみては。

Doog