ドローンとAIによる「イネいもち病検出技術」確立

2022/03/18

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

農業用ドローンの開発・製造・販売などを行うナイルワークスは、同社が保有するドローン高精度位置制御技術とAI/ディープラーニングによる「イネいもち病の検出技術」を確立した。

国内農業は、農業従事者の高齢化や後継者不足、急速な農地集約化と農業生産法人の大型化、地球環境の変化など、さまざまな社会課題に直面している。このような背景のもと、同社は持続可能な農業の実現に向け、クミアイ化学工業との共同研究により、イネいもち病の検出技術の開発に取り組んできた。

スマート農業 ドローン AI ディープラーニング 画像解析 イネいもち病 検出 精密農業

クミアイ化学工業の試験圃場において、ナイルワークスの農業用ドローンで画像データを取得している様子。

このたび同社は、ドローン高精度位置制御技術とAI/ディープラーニングにより、これまでのドローンによる病害診断では捉えることのできなかった最小5mm程度のイネいもち病の病斑を検出することに成功した。

スマート農業 ドローン AI ディープラーニング 画像解析 イネいもち病 検出 精密農業同技術においては、高精度位置制御技術と完全自動飛行技術を応用し、圃場全面で、高精細な画像データを安定的に取得し、さらに、研究を重ねてきたディープラーニングにより、検出の正確性を高めている。

同技術を人間の目視による検証と比較した結果、誤差は1%未満だった。この技術開発により、効率的なイネいもち病防除を可能とするとともに、今後、同技術を他の作物や病害虫へも展開し、検出技術のさらなる向上に努めていくとしている。また同社では、病害虫の検出結果をもとに、農薬の適正散布と散布量を低減できる散布方法の実用化を目指している。

スマート農業 ドローン AI ディープラーニング 画像解析 イネいもち病 検出 精密農業2018年の農業用ドローンの試験販売以降、すでに約10,000haの近接画像データ等を保有しており、それら全てのデータを「NileBank」(農地データプラットフォーム)に集約し、農業用ドローンをはじめとする自動農機との連携を強化していく。これにより生産者においては、作業時間・資材費の削減や、生育ムラの改善による品質・収量向上が期待されるとしている。

これらの技術は、農林水産省の「みどりの食料システム戦略」に掲げられている2050年までに化学農薬の使用量をリスク換算で50%低減、化学肥料の使用量を30%低減するという目標の達成に寄与することができるとしている。

同社はデータと自動農機がシームレスにつながることで、生産力向上と持続性の両立を可能とする新たな農業を提案していく。

ナイルワークス