低価格の農薬散布ドローン「飛助mini」を発売 マゼックス

2020/09/11

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

農林水産航空協会認定機種などを製造する国産ドローンメーカーのマゼックスは、1つのバッテリーで既存製品の2倍の面積に散布できる、軽量・低燃費・散布性能向上を実現した「飛助mini」を発売した。

農業用ドローンは大規模圃場のもの、と言われてきたが、中山間地でもドローンを利用して効率的な農業を、と考える生産者も多いだろう。多種多様な作物を生産する中山間地で使用するには、価格が安いだけではなく、アタッチメントの付け外し、アシスト機能の充実、薬剤ドリフトの低減、飛行時間の向上、コストを抑えるための耐久性。このような様々な問題をクリアしなければならない。「飛助mini」は、本当に必要な機能と性能をとことん極めた「実用性の高いドローン」として開発されたものだ。

「飛助mini」は、多種多様な作物を生産する中山間地で使用するために、使いやすさと最新の制御装置により安全性に優れ、さらに54万円からと低価格を実現。従来機と比べ1つのバッテリーで飛行時間が約2倍としたため、バッテリーコストを1/2に抑えることができる。

 

マゼックス 飛助miinまた、4本のアームを折りたたむと助手席に置けるほどコンパクトになり、重量も6キロと軽量化を実現。ドローンの持ち運びの利便性が向上した。

 

機体はminiサイズでも、散布性能は向上。通常は機体重量を軽くすればするほど、ダウンウォッシュ(降下気流)が弱くなり、風の影響を受けやすくなる。「飛助mini」は、フレーム構造を一般的な〈X〉の形状ではなく、小型でも充分なダウンウォッシュを確保できるように〈十〉の構造に改良したことで、ダウンウォッシュは従来機の約150%を実現した。また24inchと大きなプロペラを使用することで、ダウンウォッシュの到達距離が伸び、作物の根元まで薬剤を散布することができる。

マゼックス 飛助mini

フレーム構造を〈X〉の形状ではなく、小型でも充分なダウンウォッシュを確保できるように〈十〉の構造に改良。前後進でも変わらなく機体の75%のダウンウォッシュを利用することができ、横風に強くドリフトを低減する。

さらに、一度の散布で農薬を撒ける面積も向上した。タンク容量は5リットルだが、1フライトで60aの圃場をカバーできる。最大62.5アールまでの圃場を一度で散布できる。

マゼックス 飛助mini

防水防塵加工や内部冷却機構で構成され、メンテナンス性も抜群。

使い続けていく上で気になる耐久性やメンテナンス性も向上。動力になるブラスレスモーターやESCは、農薬や水、ほこりなどの過酷な労働条件でも最高のパフォーマンスを発揮できるように、防水防塵加工や内部冷却機構で構成され、メンテナンス性も抜群。

マゼックス 飛助mini


タンクの交換はピンを引っ張って、スライドするだけ。

この他、タンクの取り付け方法もピンを引っ張ってスライドするだけと簡単。液剤農薬はもちろん、粒剤散布装置や肥料・豆粒散布装置を現場であっという間に交換できる。

マゼックス 飛助mini

(左)ノズルには、農林水産航空協会の認定機である飛助MGと同じlechler社ノズルを使用。(中)大口径の薬剤投入口。(右)キャノピーの背面にはLEDモジュールが備えられ一目で機体の状態を確認できる。

散布ノズルは、農林水産航空協会の認定機である飛助MGと同じLechler社ノズルを使用。1分間の吐出量に対して適切な角度と粒形で散布でき、アフターパーツにも優れ、ノズルの部品交換にも対応でき、いつでも清潔に適切に使用することができる。

薬剤タンクは、大型機と同様の大きな投入口としたたため、タンク内の清掃が簡単。円錐形の形状をしているので残留農薬も削減。標準で大型ストレーナーも付属するので、液体薬剤に混入している不純物も簡単に取り除き、清掃も容易になり作業効率が向上する。飛助シリーズのユーザー農家からの声をヒントに細部にまでこだわった機能を盛り込んだ。

マゼックス 飛助mini

(左)自動飛行モードは、タブレットやモニターを使用することなく直感で自動散布飛行が可能。(右)直進アシストモードで、初心者でも簡単に散布が可能。

山間地でも便利な「自動飛行モード」、「直進アシストモード」を搭載。「自動飛行モード」では、タブレットやモニターを使わずに直感で自動散布飛行が可能。全方向移動、散布装置のON・OFFも全自動でできる。前後移動時だけ散布装置がONになり、ホバリングと横移動は散布装置がOFFになるので薬剤を的確に散布できる。

「直進アシストモード」は、初心者でも簡単に散布できるように、GPSで経路を補正しながら、速度は15kmで固定、散布装置も自動制御し緑線だけを散布する。自動で4m横移動や散布装置が動作するので、作業者が変わっても正確な散布幅で作業できるので散布ムラを低減する。

マゼックス 飛助mini

2つの気圧計とコンパスを装備し、センサーに不具合が生じてもフライトを維持し安全性・信頼性が高い。

「飛助mini」の頭脳ともいえる制御装置は、最新のものを搭載。液体が揺れても瞬時の判断で安定飛行が継続できる。2つの気圧計とコンパスを装備し、センサーに不具合が生じてもフライトを維持し安全性・信頼性を高めている。

また、操作性も大幅に向上し、初心者でも落ち着いて操作することができる。自動制御により高度・位置・スピードは一定に保たれ、送信機から手を離せば自動でブレーキをかけてホバリングを始める。

「飛助mini」は、540,000円(税別)からで「ベーシック」「アドバンス」「アドバンスG」「プロ」の4つのグレードがあり、内容・機能が異なる。利用方法にあったグレードを選択しよう。

問い合わせ:マゼックス
☎072-960-3221

マゼックス
「飛助mini」の製品ページ