産業用マルチローター2機種発売 ヤンマーアグリ

2021/10/11

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

ヤンマーアグリは10月1日、安全で快適な農薬散布作業を実現する産業用マルチローター「T10」と「T30」を発売した。

ヤンマー ヤンマーアグリ 産業用マルチローター ドローン スマート農業 T10 T30

自動航行のイメージ。

夏場の防除作業は大きな重労働。空から農薬を散布できる産業用マルチローターの市場が近年急拡大していることから、同社は、中山間防除を中心にドローン初心者から担い手農家まで幅広く活用できる「T10」と、大規模水稲・畑作農家や野菜・果樹を経営するプロ農家に推奨の「T30」を発売する。

ヤンマー ヤンマーアグリ 産業用マルチローター ドローン スマート農業 T10 T30

産業用マルチローター「T10」。

ヤンマー ヤンマーアグリ 産業用マルチローター ドローン スマート農業 T10 T30

産業用マルチローター「T30」。

「T30」は新開発のプランジャーポンプを搭載し、最大吐出量8L/分を実現。水稲だけでなく、野菜や果樹にも十分な農薬散布(液剤)ができる。「T10」は、ダイヤフラムポンプを採用、最大吐出量は1.8L/分。最大薬剤散布幅は「T10」が5m、「T30」が9mで、広範囲を一気に散布できるため、防除作業時間を短縮する。

ヤンマー ヤンマーアグリ 産業用マルチローター ドローン スマート農業 T10 T30

T30プランジャーポンプ(左)とT30吐出ノズル(右) イメージ。

また、球面型全方位レーダーが水平方向と上下方向で360度の障害物を検知し、自動で障害物を回避。自動で散布作業を行う自動航行設定では、事前に飛行ルートを設定することで、障害物を検知すると自動で回避し、本来の航行ルートに復帰する。

ヤンマー ヤンマーアグリ 産業用マルチローター ドローン スマート農業 T10 T30

防水性能の向上により、作業後の機体の水洗いも可能(高圧洗浄機の使用は不可)だ。

アームを広げた状態でのロック忘れを防止するセンサーを新たに搭載。オペレーターの不注意による事故を未然に防止する。また防水性能の向上により、作業後の機体の水洗いも可能(高圧洗浄機の使用は不可)なため、安全性・メンテナンス性を確保した。

「T10」は126万5000円~。「T30」は169万7300円~。いずれも税込。

ヤンマーリリース
ヤンマーアグリ