スマート農業にも利用可能 高性能気象IoTセンサー販売開始

2020/09/23

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

民間気象会社のウェザーニューズは、Society 5.0の実現に向けて、気象データと最新技術の活用によってビジネス課題を解決するWxTechTM(ウェザーテック)サービスにおいて、高性能気象IoTセンサー「ソラテナ」の法人向け販売を開始した。

高機能気象IoTセンサー「ソラテナ」

小型で軽量なため、持ち運びも簡単で設置場所を選ばない。大掛かりな設置費用も不要で、複雑な設定は必要なく、電源を入れるだけで観測が始められる。

「ソラテナ」は、気温・湿度・気圧・照度・紫外線・風向・風速・雨量の8要素を1分毎に観測し、観測したデータはクラウド上に保存する。従来の大型の観測機とは異なり、直径14cm、高さ20cm、重さ1kgと小さく、持ち運びが簡単で狭い場所にも設置できる。大がかりな設置費用も必要なく、また複雑な設定も必要なく、電源を挿せば観測が始まる。ユーザーはピンポイントな気象データを手軽に取得して事業に活かすことができる。

データ通信は、IoT向けのSIMを用いているため、日本全国の幅広いエリアで安定した通信が可能。複数台を設置することで、複数地点の観測データを同時に取得することも可能だ。

また、観測データはクラウドへ保存され、APIで提供するため、データの閲覧や保存だけでなく、利用者のアプリケーションやシステムに組み込むことができる。APIは利用シーンに応じて、最新データ・過去1時間データ・過去任意時間データの3種類を提供。そのため、最新の観測データをトリガーとした強風アラートなどを自社システムに導入することもできる。

工場やビルなど作業現場における強風対策や、屋外イベント・レジャー施設・ゴルフ場・保育園や小学校での熱中症対策、施設の強風や強雨に対する安全対策のほか、ドローン物流における安全運航、農作物の生育管理、ビジネスデータと組み合わせたマーケティング分析など、様々な場面で活用できる。

先行事例としては、KDDIが物流配送などでドローンを飛ばす際に風速が基準を超えているか判断するためにソラテナを利用しているほか、農業分野でも試験導入が開始されている。

高機能気象IoTセンサー「ソラテナ」

実際に農場に設置されている「ソラテナ」の様子。

農作業ロボット・管理システムの開発を手がける農業ベンチャー、レグミンが8月4日より「ソラテナ」の試験導入を開始。農薬散布の可否判断および作物の成長記録に利用している。通常、風速が3m/sを超える場合は、周囲への農薬の飛散を防ぐため農薬散布作業を控えている。農場の風速をリアルタイムに把握し、農薬散布のタイミングを調整するために「ソラテナ」が活躍している。

価格・納期については問い合わせのこと。

高機能気象IoTセンサー「ソラテナ」
ウェザーニューズ