植物工場で業界最大サイズの野菜の安定生産を実現

2021/06/25

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

東洋紡エンジニアリングは、同社が設計・施工する完全閉鎖型植物工場で、業界最大サイズとなるフリルレタスやグリーンリーフを通年で安定的に生産することに成功したと発表した。

東洋紡エンジニアリング 植物工場 スマート農業

業界最大サイズのフリルレタスの栽培の様子。

これまで培ったノウハウを活用した、温度や光量などの栽培環境を最適な状態に保つ技術により、同社の設計・施工した3カ所の植物工場において、1年以上にわたり、一般的な品種の約2倍となる1株当たり平均200gのフリルレタスや、約3倍の平均300gのグリーンリーフを、安定した品質を維持しながら生産することに成功した。

サイズの大きい野菜は、「巣ごもり需要」によりカット野菜など加工済み食品の消費量が増加する中、葉が肉厚で加工に適していることから需要が拡大。また安定生産により、単位面積当たりの収穫量が増加し、播種や収穫など人手を要する作業の回数が単位収穫量当たりで減少するため、従来よりも植物工場のコストパフォーマンスが向上するメリットもある。

東洋紡エンジニアリング 植物工場 スマート農業

完全閉鎖型植物工場(福井県小浜市)の外観。

完全閉鎖型植物工場は、天候に左右されずに野菜を栽培できることや、害虫がいないため農薬を使用せずにすむことから、近年軒数が増加している。同社は2011年に植物工場の事業に参入し、2018年には、初期投資コストを従来の半分に抑えつつ単位面積当たりの生産性を倍にした工場を設計・施工するなど、国内外で14カ所の設計・施工の実績がある。

今後も、より多品種の野菜の安定栽培を実現する環境制御技術の開発を進めていくとともに、工場の大規模化や生産設備の自動化、東洋紡グループの水処理技術を生かした水資源の有効活用を推進するなど、コストパフォーマンスに優れた植物工場の事業をさらに発展させることで、市場のニーズに応えていく考えだ。

東洋紡エンジニアリング・植物工場紹介ページ
東洋紡エンジニアリング