スマホで豚の体重測れる「PIGI」無料版3月から

2022/02/10

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

コーンテックは、AIとビッグデータを活用し勘と経験に頼らない養豚を実現するAI家畜管理サービスでスマホで豚の体重を測れる「PIGI(ピギ)」無料版のiOS版を3月初旬にリリースする。

養豚 スマート農業 PIGI 畜産DX

AI家畜管理サービス「PIGI」(ピギ)。

畜産業界では勘と経験に依存した管理や台帳記入など未だアナログな業務管理が多く、旧来の体重測定・管理方法では豚を1頭づつ体重計に乗せて計測したり目視で計測したものを台帳に記入するなど、人が介在し多くの時間が掛かる。一方で、人材確保が難しくなっている昨今の労働背景や防疫の観点からも人の介在を減らすことが重要。

養豚 スマート農業 PIGI 畜産DX

測定はカメラで撮影するだけ。

そこで、同社は独自にAI開発を行い、カメラの映像解析で人の目や体重計を代替して豚の体重を解析するAI家畜管理サービス「PIGI」を開発。「PIGI」を利用することによって、これまで豚1頭を体重計測する際に大人の男性が2名で約3分以上の時間を掛けていた作業が「PIGI」1台で約10秒程度で計測でき、少ない手間で体重管理ができ、いつも最適な体重で豚を出荷できる。

最適な体重での出荷で収益率がアップするだけでなく、削減された作業時間で飼養数を増やすことができ、養豚事業の収益拡大を図れることができる。

「PIGI」無料版の対応端末は、iPhone12 Pro ProMax、iPhone13 Pro ProMax、iPad Pro。

また今後は、出荷に適した体重を登録すればその適性体重の豚がすぐにわかる機能、出荷前の豚の肉質を測定(推定の枝肉重要)する機能、相場単価と掛け合わせて出荷時の値段を算出する機能を追加していく予定だ。

同社は、勘と経験に頼らず、人の介在を減らす畜産DX化をサポートしていく。

コーンテック