スマート技術を活用「根域制限栽培」で果樹栽培

2021/10/20

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

スマート農業技術を活用した「根域制限栽培」によるフルーツの栽培に取り組むGitobiは、2017年から行ってきた試験栽培を完了し、相模原市、同市地権者と三者協定を締結し、2000㎡の農地を借り受け、根域制限栽培システムによるフルーツ14品種、200本の栽培を本格的に開始する。

Gitobi 根域制限栽培 スマート農業 フルーツ栽培

根域制限栽培による「フルーツ工場 2021」。

「根域制限栽培」とは、フルーツの樹を地面に直接植える従来の栽培法とは異なり、ポット(植木鉢)や盛り土にフルーツの樹を植え、かん水や施肥などを、より効率的に管理制御できる栽培法。一番のメリットは、フルーツの栽培を効率化する点で、従来の栽培法と比べ、天候の影響を受けにくく、一定の品質を保ったフルーツを安定的に栽培できる。

Gitobi 根域制限栽培 スマート農業 フルーツ栽培

根域制限栽培のメリット。

「根域制限栽培」は、2020年11月に開催された「農林水産物・食品の輸出拡大のための輸入国規制への対応等に関する関係閣僚会議」にて発表された「農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略」にも組み入れられており、フルーツの新たな産地育成の観点からも注目されている。

Gitobi社の代表でエンジニアの小野寺 類氏は、2011年に参加した千葉大学での農業・園芸技術者養成コースの職業訓練で、「根域制限栽培」を体験。2014年、農業分野への参入を目指しGitobi社を創業した。2016年には根域制限栽培システムの研究開発を開始。現在までに「スマートかん水装置」、「スマート日射計」、「スマート土壌水分計」と3つのIoTデバイスと、クラウド上で操作管理ができる「栽培管理システム」を開発し、根域制限栽培に適用している。2017年には100㎡の土地を借り、根域制限栽培システムによるフルーツの試験栽培を開始し、2018年の9月に初収穫。

Gitobi 根域制限栽培 スマート農業 フルーツ栽培

同社は、「スマートかん水装置」、「スマート日射計」、「スマート土壌水分計」と3つのIoTデバイスと、クラウド上で操作管理ができる「栽培管理システム」を開発し、根域制限栽培に適用している。写真は「スマート日射計」。

自社開発した根域制限栽培システムは、2018年に栃木県農業試験場で試験導入されるなど、現在までに3社が導入。まだ試験段階ではあるものの、実運用の検証ができたことから、2021年に自社農園で本格稼働となった。

これまで100㎡の限られた土地で根域制限栽培の試験を行なってきたが、より本格的で大規模な栽培に移行すべく、相模原市・同市地権者・Gitobi社の三者で協定を結び、2,000㎡の農地を借り受け自社農園を開園。2021年より、ナシ・モモ・ブドウ・ポポー・アケビ・アンズ・ラズベリーの計14品種、200本の根域制限栽培を本格的に開始する。

本格始動に際し千葉大学大学院園芸学研究院の大川 克哉氏は「果樹の根域制限栽培は、従来の地植え栽培では難しい根圏の肥料成分や水の制御が可能な栽培法。また、養水分施用の自動化やマニュアル化された栽培法にも発展可能で、果樹栽培の経験値が少ない方でも取り組みやすい栽培法でもある。この部分を小野寺さんには是非とも実証していただき、果樹経営にチャレンジする新しい人を増やして欲しい」と期待を寄せている。

今後も同社は、根域制限栽培システムに研究開発リソースを投じ、農業の高齢化や農業従事者の減少といった社会問題の解消、フルーツ栽培の品質安定化、そしてフルーツの美味しさの追求に取り組んでいくとしている。

Gitobi
【参照】農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略の進捗