衛星・農業データの連携で栽培の高度化 産学連携による実証実験スタート

2020/09/01

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

宇宙から観測した衛星データと地上で収集する環境データを活用する、新しい農業の実証試験が10月よりスタートする。

JAXAベンチャーの天地人、明治大学、誠和は、観測した衛星データと地上環境データを活用し、農業分野において利活用を推進するための実証試験「施設園芸へ横展開を目的とした天地人コンパス機能拡張と栽培実証」を2020年10月から開始する。この実証実験により、政府による省エネ施設園芸の推進や、農業施設の災害被害減、施設園芸団体での活用などを見据えている。

本実証は2020年度内閣府事業の「課題解決に向けた先進的な衛星リモートセンシングデータ活用モデル実証プロジェクト」において採択されたもので、スマート農業技術のさらなる高度化と、新規・既存問わず生産者の所得向上につながる技術の確立のための実証試験となる。

昨今、ハウス栽培などの作物の収穫量増加や、品質向上を目的とした、高度な環境制御(温度・CO2・湿度・光・気流速などを管理)の普及が進んできている。

天地人・明治大学・誠和 実証実験

人工衛星による観測イメージ(気象庁提供イラスト)。

それをより高度化させるべく、これまでのハウス内センサーによるデータ取得だけでなく、人工衛星による様々なデータを活用し、栽培に必要な日射量の分析や、病害虫発生、高温障害、冬季温度、最適雨量など様々なリスクをマップ化して、作りたい作物に応じて最適な条件となる土地を探すことができるように解析を行っていく。

天地人・明治大学・誠和 実証実験

誠和のプロファインダー・プロファインダークラウド閲覧画面。

現時点では、衛星データと地上観測データに差異が生じると想定しており、データ補正・検証をするなどの試験が必要であり、誠和のハウス内環境測定器「プロファインダークラウド」により地上環境データを取得し、天地人がデータ解析を行う。そして明治大学農学部野菜園芸学研究室が栽培を行い、衛星、地上データと植物の生育状況を観察し、相関を得るための実証試験を行う。

スマート農業の普及、大企業による農業参入により、トマト、レタス、アスパラガスといった一部作物については生産量を伸ばしているが、その他については生産量、出荷量、栽培延べ面積が減少傾向にある。

新型コロナウイルスの影響により海外からの一次産品の輸入は従来のようにはいかず、国内における生産量を増やしていく必要があり、そのためにもスマート農業技術をより高度化させ、同時に容易に使用できるものとし、日本の農業の発展と食料の安定供給を実現していく必要性がある。

そのために、天地人、明治大学、誠和が連携しそれぞれが持つノウハウを結集し、日本農業の発展のために尽力していくとしている。

【参考】
※「天地人コンパス」
これまで蓄積された宇宙ビッグデータ(衛星データ)を分析し、作りたい作物に応じで、感染症リスク、高温障害リスク、冬季温度、最適雨量などをリスクマップ化して、最適な条件となる土地を探す独自技術。天地人コンパスは、1km2分解能で土地評価が可能であり、衛星データの広域性から、世界中の陸地について分析可能。今回の実証実験には、新たに「日射量」のデータを追加する。

※誠和「プロファインダークラウド」
環境・生育・成分分析のデータを活用して、あらゆる面から生産者様の収量向上をサポートするクラウドサービス。温度、日射量のほか、二酸化炭素(CO2)、湿度を「いつでも、どこでも、気軽に」スマホやパソコンで確認できる。データは蓄積できるため、過去のデータと比較できる。また、お友達機能を遣えば、全国の生産者とつながり、環境・生育・成分分析データを共有できるので、気になる生産者との比較が簡単にできる。
「プロファインダークラウド」についてはこちら

天地人
明治大学 農学部
誠和