肥育牛向け「起立困難」検知機能の試験提供開始 ファームノート

2020/09/11

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする
Farmnote Color

Farmnote Colorを装着した牛。

酪農・畜産向けIoTソリューションを提供するファームノートは、人工知能を活用した牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」の新機能として、肥育牛向け起立困難検知機能の試験提供を開始した。

肥育後期に発生するとされる牛が横になった状態から起き上がれず起立困難な状態は、そのまま放置すると肺が圧迫され、牛が窒息死してしまうことがある。肥育牛の起立困難による死亡事故は、年間1~2%程度発生するといわれ、1頭あたりの損害額は約100万円にのぼることから生産者にとっては大きな課題。

国内畜産生産者の約15%を占める、肥育後期牛347,500頭と約6,800戸の生産者に起立困難事故のリスクがあり、その潜在的損失額は年間推定で46億円にもおよぶとされる。現状では事故を防ぐために牛舎の見回り等で対応している生産者も多く、夜間の牛舎巡回は肉体的にも精神的にも負担が大きいことから、労働生産性を下げる要因となっている。

Farmnote Color

同社が提供する「Farmnote Color」は、牛の首に装着したデバイスがリアルタイムに牛の活動情報を収集。人工知能を活用して反芻・活動・休憩データから発情や疾病兆候を検知し、酪農・畜産生産者の生産性向上に貢献する製品。今回試験提供される起立困難検知機能は、さまざまなデータから人工知能が牛の起立困難状態の判定、検知を行い、生産者のスマートフォンやタブレットにプッシュ通知で知らせるものだ。

Farmnote Color

牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」。

なお、同社は起立困難検知機能の試験提供に関して、「Farmnote Color」の利用希望生産者を募集している。

本機能の試験提供に関する受付
ファームノートカスタマーサポート
?0155-67-6911(平日:10:00~18:00)
MAIL:cs@farmnote.jp

同社では、クラウド牛群管理システム「Farmnote Cloud」や牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」などを開発・提供をしている。

ファームノート
牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」