手軽で正確に土壌分析 スマホを用いた土壌分析ツールを開発

2020/09/28

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

JA全農は、手軽さと正確さを両立した、スマートフォンを用いた新しい土壌分析ツール「スマート みどりくん」を開発、7月から発売した。

「スマート みどりくん」は、農大式簡易土壌成分検出試験紙「みどりくん」と小型で持ち運びが容易な簡易測色ツール「Pico(ピコ)」を組み合わせたもので、土壌分析用の試験紙による「手軽さ」をそのままに、スマートフォンを利用することで「誰でも」「簡単」に「正確」な分析が可能になるとしている。

土壌の状態を知ることは土づくりにかかせない。分析結果により不足養分や過剰な養分を把握することで、適正施肥ができるとともに、施肥コストの削減にもつながる。

スマート みどりくん

出典:JA全農

使い方はとても簡単で、土壌懸濁液に「みどりくん」を浸して発色させ「Pico」で測色すると、試験紙の色を1秒足らずでスキャンし、無線(Bluetooth)通信により測定結果をスマートフォンアプリへ送信し、数値化される。今までは発色具合を目視で判断して分析値を判定していたものが、「Pico」を使用することで微妙な色の違いを瞬時に数値化することができる。分析項目は硝酸態窒素、pH、水溶性リン酸、水溶性加里の4種類。

分析データはスマートフォンに保存されるため、圃場別や時期別の分析結果をいつでも確認できるのも大きな特長の1つ。

現在の農業は、環境への負荷を可能な限り少なくするために、資源の消費抑制・再利用・再資源化といった資源循環による持続可能な社会の形成が求められている。自然循環機能を活かし、地力増進のために堆肥等有機物を利用した「土づくり」が重要となっていることから、本ツールは循環型農業を目指すための一助となりえるだろう。

「スマート みどりくん」は、オープン価格(アプリは無料ダウンロード)。全国のJAで購入することができる。

【商品概要】
土壌成分検出用試験紙
みどりくん N:pH、硝酸態窒素
みどりくん PK:水溶性リン酸、水溶性加里
内容:各試験紙20枚入り
簡易測色ツールPico
機器外寸(長さ×幅×高さ);15mm×18mm×60mm
通信:Bluetooth Smart 4.0以上
アプリケーション:iOS 9.0以上/Adnroid 4.3以上
測定項目:pH、硝酸態窒素、水溶性リン酸、水溶性加里
価格:分析試験紙「みどりくん」、簡易測色ツール「Pico」ともオープン価格(アプリは無料ダウンロード)
販売:全国のJA

JA全農