スマートIC栽培実験農場で加工用トマトを栽培

2021/04/21

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

ヤンマーホールディングスのグループ会社であるヤンマーマルシェは、滋賀県長浜市とカゴメと連携し、4月20日より滋賀県長浜市にある小谷城スマートIC栽培実験農場において、加工用トマトの産地化に向けた官民連携による実証栽培に取り組む。

小谷城スマートIC栽培実験農場 ヤンマー カゴメ 長浜市 スマート農業 加工用トマト

小谷城スマートIC栽培実験農場。

本実証は、健康ブームを背景に、需要の高い国産加工用トマトの効率的栽培方法を確立することで、長浜市の農業者の経営安定化および地域農業の持続的発展を目指すもの。高齢化や担い手不足に対応する「機械化一貫体系の構築(省力化)」や、コロナ禍において、遠隔地からでも栽培方法や肥培管理等の生産指導ができるスマート農業の実証を行う。

小谷城スマートIC栽培実験農場 ヤンマー カゴメ 長浜市 スマート農業 加工用トマト

官民連携イメージ。

3者は、小谷城スマートIC栽培実験農場での実証栽培を機に連携・協力し、長浜市における加工用トマトの産地化を目指す。4月に農場への植え付けをおこない、同年夏頃の収穫を目指すとしている。

実証栽培は4月20日~7月30日の期間、小谷城スマートIC栽培実験農場(長浜市小谷丁野町地先)にて、30aの圃場(露地)にトマト苗約5,000本を定植。栽培の機械化、遠隔管理などにより効率的な栽培方法を確立し、産地化を目指す。

ヤンマーニュースリリース
ヤンマー
カゴメ
長浜市